レーザー脱毛は色素沈着があってもできるの? 改善されるの?

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理を続けると、毛穴やブツブツが目立ってきてそのうち鳥の皮みたいにザラザラになることも…。肌荒れを繰り返せば黒ずみや色素沈着も進行します。医療レーザー脱毛でツルスベ美白肌を手に入れるコツをまとめました。

色素沈着した肌色はレーザー脱毛しても大丈夫?

結論を申し上げますと、自己処理などで色素沈着をしていても医療レーザー脱毛はできます。

 

思い浮かべてみてください。プレゼンテーションのときにレーザーポインターを使うことがありますよね。あれと同じような感じで、細い光を黒い毛のメラニン色素にピンポイントで反応させることができるのがレーザーの特徴です。

医療レーザー脱毛では、とくにメラニン色素が濃い毛根を狙ってレーザーを照射し、そこに熱ダメージを生じさせることで毛乳頭を破壊しています。

 

でもちょっと待って…? メラニン色素って、毛だけでなく肌色やシミにも含まれています。そこにはレーザーの光は反応しないのでしょうか??

多少は反応するのですが、日本人に多い一般的な肌色や普通のシミであれば、医療レーザーを当てても問題ありません。

 

レーザーの脱毛効果はメラニンの密度で変わります

そもそもレーザー脱毛というのは、毛根のメラニンを狙って生じさせた熱エネルギーが上層にあるメラニンにも伝わるメカニズムを利用して、高い脱毛効果を得ています。そのため、毛根だけでなく皮膚にどのくらいの密度でメラニンが存在しているかということが、脱毛効果に大きく影響します。

 

もし毛根のメラニンと競合してしまうほどのメラニンが皮膚に存在すれば、脱毛効果は下がってしまいます。同時に、それほどの濃い肌色であれば、レーザーの熱による火傷のリスクが高まるということを忘れてはなりません。だから茶色に近い濃い肌色や、色素沈着が激しい肌、日焼けしてメラニンが増量した肌の人は注意が必要で、医療レーザー脱毛をしたくても断られてしまうことが多々あるのです。

 

脱毛効果も安全性もあきらめたくない!

肌色は人によって千差万別です。高い脱毛効果を維持しながらやけどのリスクを減らすために、施術を行うクリニックがそれぞれのスキンタイプに合わせてレーザーを照射できるかどうか判断することと、照射可能な場合も、適切なレーザーの波長を選択して照射することが最も重要になります。

レーザーをきちんと使い分けているクリニックであれば、肌色が濃い人にはダイオードレーザーを照射したあとにヤグレーザーを照射するといったテクニックを用いて、効果的かつ安全な脱毛を提供できるでしょう。

 

 

濃いシミや黒子があってもレーザー脱毛は可能。日焼けはNG!

濃いシミやホクロは、そこにレーザーの熱が集中してやけどになってしまうので、シールなどを貼ってレーザーが当たらないようにします。タトゥーがある場合も同様です。

そうした部分的に隠せるものであればまだいいのですが、問題は、肌全体が日焼けしている場合です。レーザー脱毛を行う前は「日焼けしない、メラニンを増やさない」ことが大切。何日前にどの程度日焼けしたのかにもよりますが、肌の黒ずみやシミなどの色素沈着がひどいときは、レーザーを当てること自体が不可能なこともありますし、パワー出力を抑えて照射を行うこともあります。レーザーの出力を弱めれば、脱毛効果が低下してしまうのはいうまでもありません。

 

レーザーやニードルの切り替えで対応できることも

日焼け・黒ずみ・色素沈着の程度も人それぞれなので、レーザー脱毛できるのかどうかの最終判断は、カウンセリングを受けてからでないとできません。多少の色素沈着ならレーザー脱毛できることが多いです。また、レーザー脱毛を断られた場合は、肌の色を問わず施術可能なニードル脱毛という手もあります。

 

もともと肌色が濃い人(地黒肌)の場合は、こんな点にも注意が必要です。

地黒の人は、レーザー脱毛の機械を豊富に取り揃えたクリニックに行かないと、お金と時間が必要以上にかかってしまうかもしれません。理由は、地黒肌にレーザーを当てるときに、ヤケドを防ぐためジュール数(出力・パワー)を下げて照射するからです。日焼けした肌の場合と同じで、必然的に脱毛効果が弱くなって照射回数が増えるので、その分お金がかかってしまいます。

そこで初めから、地黒肌の人に最適な、ヤグレーザーを搭載したジェントルマックスプロなどのマシンを置いているクリニックに行くことをおすすめします。レーザーの種類が豊富ならばジュール数を下げる必要はなく、地黒であろうと色白であろうと、毛深さが同等なら脱毛完了までの照射回数・時間は同じになるので安心です。

 

 

レーザー脱毛でシミや色素沈着は改善される?

医療レーザーは、美容皮膚科などでシミの除去にも使われています。そのため脱毛用のレーザーでもシミや色素沈着が少しは薄くなることが期待できます。

なかでも、アレキサンドライトレーザーというレーザーは脱毛効果も高く、「脱毛」と「シミの改善」がいっぺんにできる美白レーザーとして有名です。シミとはちょっと違いますが、通称「二の腕のぶつぶつ」と呼ばれる毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)はこのレーザーでかなり改善できます。アレキサンドライトレーザーを搭載した脱毛機械は、ジェントル・レーズやジェントルマックスプロです。

 

ただ、脱毛とシミ取りでは、基本的なレーザーの波長設定・出力が異なります。脱毛を効果的に行う出力が、シミ取りに効果的とはいえません。逆もしかりです。ですから美白効果のあるレーザーや脱毛機械で施術を受ける場合でも、脱毛ついでに美白できたら嬉しいな、という程度の捉え方をするとよいです。シミや色素沈着の解消を望むなら、脱毛と平行して、シミや色素沈着のために用意された美容医療プランを受けたほうが効果を実感しやすいでしょう。

 

シミや色素沈着におすすめの美容医療はこれ!

・ IPL治療「フォトフェイシャル」

IPL(インテンス・パルス・ライト)という光をメラニンに反応させて弾き飛ばし、シミや黒ずみなどの色素沈着を改善していく美容医療です。とくにルミナス社が開発した顔専用の「フォトフェイシャル」はシミ治療のブランドとして人気があります。

 

・ 新型イオン導入「エレクトロポレーション」

イオン導入の最新技術を用いて肌に美肌税分を浸透させます。美白やニキビ、ニキビ跡の治療ならビタミンC誘導体のコースがおすすめ。全身に施術できますが、とくに日焼けしやすくニキビができやすい顔や、うなじから背中にかけて用いる人が多いです。

 

 

黒ずみやすいVIO、ワキや乳輪はこうケアする

体のなかでとくに色素沈着が目立つ部位もあります。たとえばVIO、ワキや乳輪などは黒ずみやすいと言われています。きつい下着や洋服が刺激になったり動作で肌がこすれたりすることが主な原因です。

 

部分的な黒ずみにはクリームで対処

こうした部分的な黒ずみは、デリケートゾーン専用の美白クリームで対応することができます。VIOは粘膜質なので専用のものを選ぶことが必要ですが、ワキや乳輪などの気になる場所には「レチノイン酸×ハイドロキノン」の両クリームをダブル使いすると効果的です。レチノイン酸は肌の細胞分裂のスピードを早め、そこにメラニンの生成を抑えるハイドロキノンをプラスすることで、わずか2週間ほどで表皮が生まれ変わり、色素沈着が薄くなったことを実感できます。

日常生活では、肌に触れる下着や洋服を肌当たりのやさしい天然素材や縫い目のないシームレスタイプに変え、お風呂ではゴシゴシ洗いをやめてやさしく手洗いすることも、黒ずみ予防になります。

 

色素沈着を悪化させるムダ毛の自己処理は中止して!

また、ムダ毛の自己処理を繰り返している場合は、なるべく早くやめたほうが肌のためです。肌が健康なうちや若いうちは気にならないことも多いのですが、肌への刺激やダメージは、だんだんと蓄積されて目に見えるようになってきます。

カミソリ負けや毛嚢炎のプツプツが痕になり、毛穴の開きが肌の乾燥を招き、粉をふくようになった肌にはシワも増えてきて…しまいには、あの鳥の皮のようなザラザラ肌や、象のようなシワシワ肌になってしまいます。そこまでくると肌荒れは常態化し、自宅で治療するのは難しいので、治らないうちにまた肌トラブルが発生して、結果的に肌の黒ずみや色素沈着が進行してしまいます。

 

 

目的や肌質に合わせた施術を選ぶことが美肌への近道です

医療レーザー脱毛でツルスベ美白を手に入れるコツ、というテーマでいろいろ書いてきましたが、ポイントは「目的や肌質に合わない施術は中途半端でコスパが悪い」ということ。

シミや色素沈着の美白は、脱毛のついでに行うというよりは、専用の美容医療を利用したほうが効果は高く、トータルコストを抑えることにつながります。

また、肌色が濃い人があまり効果の出ないフラッシュ脱毛(光脱毛)をしたり、日焼けした肌に出力を弱めた医療レーザーを照射したりすると、脱毛期間が長引いてコストもかかりますし、毛が太くなる硬毛化のリスクも高まります。

 

 

関連記事

無料カウンセリングのお申込 無料カウンセリングのお申込

無理な勧誘などは一切いたしません。
あなたのお悩みを何でもお聞かせください。