絶縁針脱毛

ニードル・針は最強の脱毛方法!クリニックだから麻酔で痛みも対策可能です

  • 全顔脱毛の基本情報
  • 全顔脱毛のよくある質問

「絶縁針脱毛」は医療機関だけの安全で確実な永久脱毛。 硬毛化・白髪・乳輪などのあらゆるムダ毛を素早く処理します!

写真

医療針脱毛(ニードル脱毛)は、エステなどで硬毛化した毛や他の脱毛方法で抜けなかった毛を永久脱毛するのに適しています。レーザー脱毛は色素のない白髪や火傷の恐れがある乳輪上の毛は処理できませんが、針脱毛は可能です。毛穴に挿入した針に電気を流して皮下の毛乳頭を直接破壊するため、どんな毛も安全かつ確実に脱毛できます。見えている毛ならほぼ100%その場で無くすことができる即効性も魅力です。

絶縁針脱毛 1本 500円(税抜)
※1回で原則1本の毛を脱毛可能です
※針はお客様専用のため、1本につき4,000円(税抜)を初回施術後に頂戴します。

エステの美容電気脱毛より安全確実。絶縁針脱毛とは?

写真

痛みを軽減するために医療針脱毛の経験豊かな看護師(約1,000症例 )が施術を担当するほか、麻酔薬もご用意していますので、針脱毛が初めての方でも安心です。

毛穴一つ一つに絶縁針を順に挿入して電気を流し、皮下の毛乳頭や毛母細胞を破壊して永久脱毛します。毛質や部位に応じた絶縁針を使うため安全性や確実性が高く、通電した針が表皮に触れないため火傷や色素沈着を起こしにくいことが特徴です。

エステティックの美容電気脱毛も針脱毛の一種ですが、使う機械がクリニックとは異なり脱毛効果が劣ることや、電気針が皮膚に触れて強い痛みや火傷のリスクがあるなどの問題点が指摘されています。

ビューティースキンクリニックでは医療機関だけに許可された「小林・山田式絶縁針脱毛」を導入しているため、火傷の心配はほぼありません。

針脱毛がおすすめのケース

針脱毛ならどんな毛質・肌色のムダ毛も、1本から永久脱毛できます。ただし比較的痛みを感じやすく高単価な脱毛方法なので、医療レーザー脱毛以上のメリットが得られる次のようなケースにおすすめです。

Case1.硬毛化した毛をとにかく早く無くしたい

二の腕やフェイスライン、乳輪周りなど、細いうぶ毛が多い部位は硬毛化しやすい傾向があります。ビューティースキンクリニックでは3種類のレーザーを使い分けて硬毛化リスクの最小化と撲滅に努めていますが、万が一の場合は、硬毛化した毛を1回の針脱毛で全て無くすことが可能です。数本だけど目立つ毛を今すぐ無くしたい、というときも針脱毛はおすすめです。

Case2.乳輪・アザ・タトゥーのムダ毛処理

メラニン色素に強く反応する医療レーザーは、乳輪や日焼け肌、ほくろ・あざ・タトゥー(黒・青・茶色系のもの)には火傷の恐れがあり照射できません。そのため全身をレーザー脱毛しても、その部分のムダ毛は生えたままです。残った毛や見栄えの悪さは、針脱毛で即解消しましょう。VIOの、IやO周辺にかなり濃い黒ずみがある場合も針脱毛なら安全に脱毛できます。

Case3.まばらに生えた白髪を永久脱毛する

白髪には色素が無いため医療レーザーが反応しませんが、針脱毛なら確実に永久脱毛できます。エチケットや美意識からVIO脱毛をするお客様が多いですが、最近は将来的な介護に備えたいという中年層のお客様からのご要望も増えています。VIOのエチケットを万全にするために数本の白髪を脱毛したい、というご要望にも針脱毛でしっかりと応えます。
白髪の脱毛ができるのは医療ニードル(針)脱毛だけ

Case4.レーザー照射できない涙袋や眉上のムダ毛

目の下の涙袋や、眉のすぐ上などの毛の生え際ギリギリには医療レーザーを照射できないため、針脱毛が最適です。また、レーザーを照射しにくい凹凸のある狭い場所やワキの残り毛なども針脱毛のほうが適している場合があります。広い範囲には医療レーザー、ピンポイントなムダ毛には針などと上手く組み合わせることで、針脱毛の費用を抑えることもできます。

針脱毛の施術時間

部位や毛量により約10分〜数時間

針脱毛の施術時間は部位や毛量によって変動します。1分間に13本の毛を脱毛するのが平均的なペースです。1本から対応します。

参考 1):乳輪(片方)の毛を、やや細い毛までしっかりと脱毛した場合の所要時間はおおよそ10分~15分(約130本〜200本の毛を脱毛)。

参考 2):脇(片方)の脱毛が初めての人が、見えている毛をほぼ脱毛した場合の所要時間はおおよそ20分(約260本の毛を脱毛)。

※色素沈着が強い部位でも、程度によってはダイオードレーザーやヤグレーザーを照射して脱毛可能な場合があります。毛量が多い場合などはまずレーザーを照射し、残った毛を後日絶縁針脱毛するという合わせ技が効果的なケースもありますので、カウンセリング時にご相談ください。

針脱毛の施術範囲

VIOと顔(まぶたの上、鼻毛と頭髪を除く)を含めた全身が対象です。

※頭髪の脱毛をご希望の方はご相談ください。生え際など部位によっては可能な場合があります。

※VIOの範囲は、Vライン(ビキニライン)+Vラインの内側、Iライン(性器周囲)、Oライン(肛門周囲)全てです(外陰部の外側表皮部分も含みます)。

針脱毛の痛み

◇針脱毛では、毛穴一つ一つに絶縁針を順に挿入し、高周波の電気を流します。そのため、まず注射針のようなチクッとした痛みがあり、その後すぐに電流によるパチッとした痛みがあります。針の挿入も電流を流すのも一瞬ですが、レーザー脱毛と比べるとより強い痛みを感じるお客様が多い傾向にあります。

◇とくに痛みを感じやすい部位は、皮膚が薄い顔や、皮下脂肪の少ない指です。

◇絶縁針脱毛の針は、皮膚に触れる部分が特殊コーティングされており電気を通さない安全設計のため、表皮の熱感や火傷による痛みはほぼありません。ただ、皮下の毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺などの組織は電気熱によるダメージを直接受けて毛包が軽い炎症を起こすため、脱毛後は皮下に火照りを伴うジワジワとした痛みを感じることがあります。

◇脱毛する毛量が多いほど、針を刺す・電気を流す回数が多くなり、皮下の炎症箇所が増えていくため、脱毛中の痛みが徐々に増していく傾向があります。痛みが強い場合は、麻酔クリーム、局所麻酔を提供可能ですので、お早めにご相談ください。

絶縁針脱毛の機械・ビューティースキンクリニックの技術的工夫について

◇機械について

使用する脱毛器はIME5000です。日本医学脱毛協会が推奨する「小林・山田式絶縁針脱毛法」に対応し、米国FDAでも認可されています。従来の電気針脱毛とは違い「小林式絶縁針」を電気メスとして使うことが特徴で、表皮には電気熱のダメージを与えることなく、毛乳頭や毛母細胞などの発毛にかかわる組織を電気凝固させて確実に破壊し、永久脱毛の効果を得る仕組みです。

◇ビューティースキンクリニックの技術的工夫

小林式絶縁針は安全性が高く、あらゆる毛の太さ・毛根の深さに対応できますが、施術時は高い技術が要求されます。「お客様の毛質や脱毛部位に合った絶縁針の太さや長さを選ぶ」「的確な針の挿入により、刺し損じによるトラブルを防ぐ」「流す電気の強さや長さを素早くコントロールする」といった手技の上手さが針脱毛の効果を高め、痛みを軽減します。
そのためビューティースキンクリニックでは、絶縁針脱毛を10年以上行ってきた経験を持つ熟練の看護師が施術を担当しております。そして針脱毛の痛みや炎症のリスクを少しでも抑えるために、お客様とのコミュニケーションを大切にし、一刺しで確実にスピーディに脱毛する技術を常に磨きながら、施術にあたっております。

針脱毛のリスク

◇赤み・かゆみ・むくみ(炎症性浮腫)

針脱毛では、絶縁針の通電部分と接触している皮下の毛乳頭・毛母細胞・皮脂腺などに電気熱のダメージを直接与えるため、毛包内部に炎症が起きます。そのため脱毛後の肌には赤みや小さなニキビ程度のむくみが生じることがあります。とくに毛が太く濃い部位や、脱毛本数が多い場合に症状が出やすい傾向があります。3日から10日で消退します。

◇毛嚢炎(もうのうえん)

電気熱により、皮下の毛包内が炎症や浮腫を起こすことで一時的にニキビの様に毛嚢炎を生じることがあります。毛嚢炎の状態が継続するときは抗生剤をお渡しさせていただきます。

針脱毛の流れ

◇服装について

顔や指先のみ脱毛する場合は着衣のまま、全身やVIOを脱毛する場合は専用のタオルガウンに着替えていただきます。VIOを脱毛する際は、紙製ショーツに着替えて頂いたり下着を脱いで頂いたりする場合がございます。
必要に応じて髪の毛は簡単にまとめて頂きます。

◇アクセサリーについて

金属製のアクセサリーはすべて外していただきます(ピアス・指輪・ネックレスなど。下着や洋服のホックは付いていても問題ありません)。

◇施術について

脱毛中は針に電気を流すため、ハガキ大の絶縁板をお客様の皮膚に密着させた状態で施術を行います。
針脱毛の痛みや、皮膚に生じる赤みやむくみを軽減するため、脱毛部位をアイスパックで冷やしながら施術します。

お客様へのお願い

◇施術日までに毛を3mm伸ばしてください

針脱毛を行う際は毛の長さが3mm程度必要です。針脱毛の10日前から剃毛は中止し、あらかじめ毛を伸ばしておいて頂く必要があります。

◇施術前のプレケア

日焼け直後の肌やタトゥーを入れた直後の肌には炎症が起きており、針脱毛をすることで症状が悪化する恐れがあります。炎症や色素沈着が落ち着くまで施術はお避けください。普段から日焼け止めを塗るなどの紫外線対策も大切です。

◇施術直前のケア

脱毛部位に塗布した日焼け止めや化粧品は、施術前に必ず拭き取ってください。

◇施術後のアフターケア

脱毛後に塗布する専用の保湿剤をお渡しします。施術の3日後まで外用をお願いします。炎症を強く生じた際にはお肌に負担をかけないレベルの副腎皮質ステロイド外用剤をお渡しさせて頂きます。毛穴から雑菌が入るのを防ぐために皮膚を清潔に保つことが重要ですが、摩擦は極力避けてください。

針脱毛のメリット・デメリットをまとめると…

針脱毛のメリット

・あらゆる毛質と肌色に対応でき、ムダ毛を1本から永久脱毛できる
・レーザー脱毛できない白髪や、乳輪、タトゥーの毛もOK
・脱毛効果が確実に得られ、その場で毛が抜ける即効性もある
・絶縁針を使うため安全で火傷や色素沈着のリスクがほぼ無い
・クリニックでは痛みに対し麻酔薬を処方することができる

針脱毛のデメリット

・レーザー脱毛と比べて針脱毛は痛みが強め
・レーザー脱毛と比べて針脱毛は費用が高い
・施術を受けるには毛を3mmほど伸ばさなくてはならない
・毛を1本1本処理するため毛量が多いと時間がかかる
・針脱毛を施術する側に高い技術力が求められる

針脱毛に対するビューティースキンクリニックのこだわり

写真

絶縁針脱毛に関しては導入をためらうクリニックもあるようで、その背景には、良い技術者を育てたり作業効率を上げたりすることが比較的難しいことがあります。
しかしあらゆる毛質・肌質のお客様に満足していただくためには、針脱毛を行える体制も必ず必要となります。白髪や色素沈着部位の毛を脱毛できるメリットはもちろん、「万が一硬毛化しても早く確実に無くすことができる」利点も大きいからです。ビューティースキンクリニックでは、医療レーザーによる硬毛化リスクを最小化するために3種のレーザーを導入していますが、ヤグレーザーでも対応できない毛やその場ですぐに無くしたい毛に対しては、最良の手段として針脱毛をご提案させていただく場合があります。

他のクリニックで硬毛化したお客様も、お気軽にご相談ください。たとえば顔のうぶ毛が硬毛化してしまったが大切な集まりなどが間近に迫っている、といった緊急事態にも、確実・スピーディに対応させていただきます。

医師法違反になるエステティックの針・ニードル脱毛

一部エステでは美容電気脱毛と呼ばれる針脱毛を提供し永久脱毛をうたっていますが、使う機械がクリニックとは異なり脱毛効果が劣ることや、電気針が皮膚に触れて強い痛みや火傷のリスクがあるなどの問題点が指摘されています。
それだけでなく、永久脱毛するには毛の発生にかかわる毛乳頭などの組織を破壊しなければなりませんが、そのように元に戻すことができない不可逆的変性は医療行為であり、エステで行うこと自体が医師法に違反しています。また、針を皮下に挿入することには血液が付着するリスクもあり、感染を引き起こす可能性がある点でも医師法違反にあたります。このように針脱毛は本来、エステで行うことは許されていません。

クリニックなどの医療機関では衛生管理も徹底し、たとえばお客様一人ひとりに専用針を用意し、保管時はお名前を記した専用の滅菌ケースに入れています。しかしエステではこうした衛生管理面で特にしばりがないため不安が残ります。安全安心に針脱毛を行うのであれば、クリニックの絶縁針脱毛をおすすめします。

針脱毛・痛みへの対応

当日に麻酔追加可能ですが、箇所によっては麻酔が承れない場合もありますので、予約時に麻酔希望をお伝えください。

ガス麻酔 笑気         3,200円(税抜)

塗る麻酔 麻酔クリーム     3,200円(税抜)

貼る麻酔 ペンレステープ 1枚  500円(税抜)

注射 局所麻酔         3200円(税抜)

針脱毛の施術ペース

レーザー脱毛などを経験して毛量がかなり減っている場合や、数本の白髪だけを針脱毛する場合などは、1回の針脱毛で脱毛が終わることもあります。

毛量が多い場合は、毛周期に合わせた通院をお願いしています。次回の施術まで顔脱毛で1ヶ月、それ以外の部位は2ヶ月程度の間隔を置くのが一般的です。

絶縁針脱毛に関するQ&A

  • Q.タトゥーの上のムダ毛を針脱毛したい。デザインによって注意点はありますか?

    A.赤色や黄色のタトゥーなら医療レーザーを照射できるのでそちらをおすすめします。青系・黒系・茶色系のタトゥーの上にあるムダ毛は針脱毛でないと永久脱毛できません。タトゥーの上にあるムダ毛を針脱毛しても、デザインの影響はほぼないと考えられます。

  • Q.針脱毛すると、ワキガが改善できるというのは本当ですか?

    原則としてワキガの改善には専用の治療が必要です。しかし軽度な臭いであれば、針脱毛で軽減できる可能性があります。ビューティースキンクリニックで導入している小林式絶縁針脱毛では、毛穴に挿入した針に高周波の電気を流して皮下の毛包を熱凝固させ破壊しますが、このときに毛包に繋がっている皮脂腺やアポクリン腺も破壊されれば、ワキガ軽減効果も期待できます。

質問する質問する

  • 絶縁針の基本情報
  • 絶縁針のよくある質問

mv

ビューティースキンクリニックについて

皮膚科医が運営する医療レーザー脱毛を中心とする美容皮膚科クリニックです。施術を担当する看護師、受付カウンセラー、お客様も女性限定のため、お客様はリラックスした雰囲気のなかで施術を受けられます。
当クリニックの特徴は、医師が責任を持ってお客様のお肌や毛質に最適な3種類の医療レーザーを選択し、出力エネルギーを細かく調整します。肌に過度な負担をかけることなく、少ない照射回数で最大の効果を発揮します。プライベートクリニックならではのきめ細かい美容医療を自信をもって提供致します。

◆3年間の有効期限と5つの完全無料保証

すべての脱毛プランの有効期限は3年間です。5つの無料保証※と安心・リスクへの対応により、お客様の脱毛終了までしっかりとサポートします。
※1.カウンセリング料・問診料、2.初診料・再診料・処置料、3.前日までの予約キャンセル料・プラン解約手数料、4.打ち漏れの再照射料、5.施術による肌トラブルの治療代・お薬代は、無料保証です。これらの名目で追加料金を頂くことは一切ありません。

◆永久脱毛は照射5回がひとつの目安です。

永久脱毛とは毛乳頭組織を不可逆的に変性させる医療行為であり、レーザー脱毛や針脱毛の医療脱毛のみ可能です。1回のレーザー照射で毛乳頭組織が破壊された毛は二度と生えてきませんが、1回に照射で毛乳頭組織を破壊できるのは全毛量の約20%(毛周期の中で成長期)なので、照射5回が脱毛終了のひとつの目安になります。
VIOは毛が太いため顔面や首に比べて少ない照射回数から減毛効果を認めることが多いです。

無料カウンセリングのお申込 無料カウンセリングのお申込

無理な勧誘などは一切いたしません。
あなたのお悩みを何でもお聞かせください。

税についての特記がない価格は全て
税抜き表記となります