女性専用の安い医療脱毛専門クリニック | 新宿駅から徒歩2分

ビューティースキンクリニック

VIOパーフェクト医療脱毛セット 1回あたり8,800円(全身+顔+VIO医療脱毛セットの場合)

VIOパーフェクト医療脱毛セット 1回あたり8,800円(全身+顔+VIO医療脱毛セットの場合)

スマホ・PCでオンラインもOK 無料カウンセリングはコチラ

スマホ・PCでオンラインもOK 無料カウンセリングはコチラ

VIOパーフェクト医療脱毛セット

料金

VIOパーフェクト医療脱毛セット 1回 13,320円 / 5回総額 66,600円 1回あたり13,320円 / 分割お支払例 月額3,000円〜 2ヶ月目まで0円 全身+VIO+顔セットでもっとお得 VIO医療脱毛が1回あたり8,800円
VIOパーフェクト医療脱毛セット 1回 13,320円 / 5回総額 66,600円 1回あたり13,320円 / 分割お支払例 月額3,000円〜 2ヶ月目まで0円 全身+VIO+顔セットでもっとお得 VIO医療脱毛が1回あたり8,800円
ビューティースキンクリニックならVライン全照射、Iラインは粘膜もすべて照射
ビューティースキンクリニックならVライン全照射、Iラインは粘膜もすべて照射

使用マシン

実績ある欧米製のレーザーから、肌質・毛質に合わせてマシンを選択します

実績ある欧米製のレーザーから、肌質・毛質に合わせてマシンを選択します

定番のジェントルマックスプロ、ライトシェアデュエット、ソプラノチタニウム、ソプラノアイスプラチナム、メディオスターNeXT PROこれら4種類の医療レーザー脱毛マシンから、お客様一人一人の毛質、肌質に合わせてマシンを選択します。(ただし、メディオスター・ソプラノ選べる 全身医療脱毛セットと同時照射の場合は、VIOの照射はメディオスターNeXT PRO、もしくはソプラノチタニウムを使用します。)

当院は、厚労省承認の医療脱毛機器を複数そろえており、独自の機械は使用しません。

脱毛スケジュール

5回(最短8ヶ月)で脱毛完了

5回(最短8ヶ月)で脱毛完了

ビューティースキンクリニックは、毛周期に基づいた照射スケジュールをおすすめしています。カウンセリング当日に1回目の照射が可能です。また、予約を最初にまとめて5回分お取りすることも可能です。

ご希望があれば1ヶ月に1回照射して5ヶ月で照射終了することも可能です。ただし、毛周期において成長期以外の毛にレーザーを照射する「無駄打ち」のリスクが高まることが予想されるため、上記の照射スケジュールがおすすめです。

脱毛が初めてでも安心!保証も充実

うれしい7つの無料保証

うれしい7つの無料保証

  • 初診料・再診料・処置料
  • 予約キャンセル料
  • うなじ・背中シェービング代金
  • 剃り残し対応代金
  • プラン解約手数料 ※当社規定に準じます
  • 施術後の肌トラブルの治療代・薬代
  • 打ち漏れの再照射料

医療脱毛が初めての方でも安心して通えるように保証制度も充実しており、上記7項目はすべて無料となります。また、施術の予約をキャンセルしても近日での再予約がしやすくなっています。

うれしい2つの安心保証

うれしい2つの安心保証

  • プランの有効期間は3年間
  • 女性の人生は予測しがたいもの。妊娠や長期療養のときは有効期間を延長など柔軟に対応させて頂いており、出産後や療養後から再び施術を受けられます。プランを中途解約する場合には残回数分の代金は返金いたします。

  • 痛みへの対応も万全です
  • 常にお客様とコミュニケーションをとり、肌色や毛質、毛量、部位に応じてレーザーの種類、波長と出力エネルギーを変えて肌への負担と痛みを抑えながら、最大限の脱毛を目指すよう施術します。過度な痛みを感じたら遠慮なくお知らせください。麻酔クリーム・笑気麻酔のご提供も可能です。

エステ並の価格なのに、
しっかり永久脱毛できるのはなぜ?

  • ビューティースキンクリニックのスタッフ
    ビューティースキンクリニックのスタッフ
  • 新宿のみの一院集中型経営

    設備、人材、技術を集中することでコスト大幅削減

  • WEB広告限定でコスト削減

    SNS広告などに限定することでコスト大幅削減

  • ビューティースキンクリニックのホームページ
    ビューティースキンクリニックのホームページ
  • ジェントルマックスプロ、ライトシェアデュエット、ソプラノアイスプラチナム、ソプラノチタニウム、メディオスターNeXT PRO
    ジェントルマックスプロ、ライトシェアデュエット、ソプラノアイスプラチナム、ソプラノチタニウム、メディオスターNeXT PRO
  • 最新レーザー脱毛機への設備投資

    コスト大幅削減により、欧米で実績の豊富な、
    本当に実力のあるレーザーを数多く導入することが可能に!

  • 結果

    エステ並の価格で、
    VIOの永久脱毛が可能に!

    最新レーザー脱毛機で医療脱毛というと高額なイメージがありますが、ビューティースキンクリニックでは新宿の一院に設備、人材を集中することでコストを削減しています。

    エステ脱毛は最初は安価ですが、長期間にわたって施術しても一時的な減毛にしかならないため、結果的に医療脱毛よりも経済的負担が大きくなるケースが多いです。

  • 女性

このプランで使用できるマシンのご紹介

院長 林隆洋がこだわって選びぬいた実績ある欧米製レーザーのみ、常時4種そろえています

院長 林隆洋がこだわって選びぬいた実績ある欧米製レーザーのみ、常時4種そろえています


ええ〜!?知らなかったです‥
レーザー脱毛マシン、それぞれまったく特徴が違うんですね!

院長 林隆洋

どのマシンでも同じように思われがちですが、じつはマシンによって長所と短所がまったく異なります。ですので、お客様の肌質・毛質に合わせてマシンを選択していくと、最も効率良く脱毛できるのです。

× 医療機関でも
エステ用の光脱毛マシンが
使われていることがあります

医療機関でも光脱毛マシン(エステ用)が使われていることがあります

従来は医療機器(レーザー)を用いた脱毛が『医療脱毛』をよばれていました。近年、医療レーザー機械ではなくエステ用の光脱毛マシンを使用している医療機関がみられます。

ワキのような毛が太くて日焼けしにくい部位は光脱毛(IPL)マシンでもある程度は脱毛できますが、その反面、レーザー脱毛に比べて毛包のメラニンに対する選択吸収性が低いために施術回数が増える、細い毛が減りにくい、皮膚のやけどリスクが高くなるなどの弊害があります。


院長 林隆洋

じつは近年、医療脱毛クリニックでも
エステ用の「光脱毛(IPL)マシン」を使用しているケースがあるので、
注意が必要です。

ええ〜っ?そうなんですか!驚きました!
じつは私、脱毛サロンだとあまりキレイになれなかったんです!

院長 林隆洋

厚労省が医療機器として承認したIPL機械もありますが、
脱毛エステで使われる光脱毛(IPL)マシンと医療レーザー機械では
結果や長期的な経過が異なると考えられます。

施術回数が増える、パワーを強くするとやけどしやすい、細い毛が減りにくいなど、
結果的に「うまく脱毛できなかった」というお話をよく聞きますね。

ふむふむなるほど‥ 私なら、医療レーザー脱毛マシンを使うクリニックで施術を受けたいです!

マシンの使い分け例をご紹介

お客様一人一人に最適なマシンを選択 効率よく&痛み少なく、デリケートゾーンをしっかり脱毛

お客様一人一人に最適なマシンを選択 効率よく&痛み少なく、デリケートゾーンをしっかり脱毛

ビューティースキンクリニックではアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーに加えて最新蓄熱型レーザーまで複数種類とりそろえています。お客様に肌質、毛質によって最適な機械は異なります。豊富な機械をとりそろえているからこそ高品質な医療脱毛の提供が可能です。当院で使用する機械は厚労省承認機をはじめ、全て欧米の大手医療機器メーカーのレーザー脱毛機となります。医療レーザー脱毛マシンから、お客様一人一人の毛質、肌質に合わせてマシンを選択します。(メディオスター・ソプラノ選べる 全身医療脱毛セットと同時照射の場合は、VIOの照射はメディオスターNeXT PRO、もしくはソプラノチタニウムを使用します。)

  • VIOを脱毛エステしたけどまだまだ残ってる‥医療脱毛でキレイになる?
  • VIOの痛みが恐怖!!黒ずみもあるし‥でも医療脱毛したい
VIOを脱毛エステしたけどまだまだ残ってる‥医療脱毛でキレイになる?
ハイパワーで毛根まで破壊できるライトシェアデュエットもしくはジェントルマックスプロで施術
VIOの痛みが恐怖!!黒ずみもあるし‥でも医療脱毛したい
高速連写と強力冷却で痛みが少なく、色素沈着した肌にも負担をかけない ソプラノチタニウム/プラチナムで施術

VIOの痛みについて

Vラインの痛み

Vラインで痛みを感じやすい部分
Vラインで痛みを感じやすい部分

お客様としっかりコミュニケーションを取りながら、お客様に苦痛にならないよう照射の速度や設定を配慮させて頂きます。それでもお辛い方は麻酔をご利用ください。色素沈着の強い方は炎症が起こりやすいので、strongクラス(Ⅲ群)のステロイド剤を外用致します。

下着との間擦部位であり照射後に毛嚢炎が生じやすいので清潔を保って頂く事が大切です。毛嚢炎が生じた場合には当院で無料でお薬を処方させて頂きます。その場合の次回以降の照射は出力を弱くするのではなく、使用機械を変更するなどの工夫をさせて頂きます。ロングパルスレーザーの深達度は数mmであり子宮や卵巣など実質臓器への影響は考えにくいですが、当院では妊娠中のお客様には照射をご遠慮頂いております。

Iラインの痛み

Iラインで痛みを感じやすい部分
Iラインで痛みを感じやすい部分

Iラインの脱毛をされる方が一番気にされるのは痛みと恥ずかしさです。まず痛みに関してはお客様としっかりコミュニケーションを取りながら、お客様に苦痛にならないよう照射の速度や設定に配慮させて頂きます。

当院では粘膜まで含めて毛の生えている部分は全範囲照射となります。粘膜のお痛みがお辛い方は麻酔をご利用される方もいます。恥ずかしさに関しては、できるだけタオルで覆い、露出は必要最低限で処置をさせて頂きます。当院ではカーテン仕切りではなく、完全個室となっております。

Oラインの痛み

Oラインで痛みを感じやすい部分
Oラインで痛みを感じやすい部分

Oラインは毛が太く粘膜なので痛みが出やすいです。毛の生えている方向が様々なので、皮膚に圧力をかけて伸展しながら照射していきます。照射時間はそれほどかかりませんが、お辛い方は麻酔をご利用ください。Oラインは粘膜のため麻酔が浸透しやすく痛みを調節しやすいのでご安心ください。うつ伏せの体勢で施術致します。

ビューティースキンクリニックの
VIO医療脱毛の3つの特徴

① Vライン内側全て、
追加料金なしで照射できる♪

追加料金なし Vラインの内側全て照射できます デザインも自由に選べます
追加料金なし Vラインの内側全て照射できます デザインも自由に選べます

Vラインの内側部分すべて、追加料金無しで照射いたします。「それって当たり前なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、他の脱毛クリニックでは別途料金が発生することもあります。少し薄くしたいなどの濃淡や、ナチュラル、ハイジニーナ、○、◇、△など様々なスタイルのご希望に対応可能です。

② Iラインの粘膜も、
追加料金なしで照射できる♪

追加料金なし Iラインの粘膜も含めて全て照射できます
追加料金なし Iラインの粘膜も含めて全て照射できます

Iラインの粘膜に生えるムダ毛について悩んでおられる方はかなり多いです。他のクリニックでもIラインの粘膜の照射は断られることが多いのですが、当院では、追加料金なしでIラインの粘膜までスキなく全て照射可能です。なぜそのようなことが可能なのか?その理由を説明いたしましょう。

Iラインは粘膜部分が多く、非常にデリケートです。特に、Iラインの粘膜に太い毛が生えていると、機械や照射方法によってはやけどが生じやすくなります。ビューティースキンクリニックでは、欧米で実績のある医療レーザーを4種類揃えており、お客様の肌質・毛質に合わせてマシンを選択でき、しかもパワーを細かく調整いたします。このためIラインの粘膜でも、リスクを最小限に抑えつつ医療脱毛することが可能なのです。ぜひご相談ください。

③ 大人女子の悩み、VIOの白髪も
医療針脱毛でスッキリ♪

医療針脱毛

年齢を重ねると、VIOに白髪が混じってきます。医療レーザーは黒い部分(メラニン色素)に反応するため、白髪は脱毛できないのです。せっかく医療レーザー脱毛しても、VIOに白髪だけが残ってしまうのは残念ですよね。そこで当院では、VIOの白髪も低リスクで永久脱毛できる「医療針脱毛」メニューをご用意しています。日本医学脱毛学会の指導の元に、1000例以上の施術実績のある専門看護師が施術します。(1本500円、初回施術時にお客様専用の絶縁針4,000円、健康診断採血検査代4,000円が別途必要になります。)

医療針脱毛について >

よくある質問

VIO医療脱毛は完了までに何回かかりますか?

毛量や皮膚の状態によっても異なりますが、2〜3回で実感できて、5回の施術で5〜7割程度減毛できる方が多いです。回数を増やすごとに減毛率は少なくなっていきます。

毎回適切なレーザー照射をしていれば10回目以降はほぼ変わらない状態となります。6回目以降は状態を確認しながら施術していくことをお勧めしています。(6回目以降の追加施術をお得な価格でご提供しています。詳しくはお問い合わせください。)

レーザーの痛みはどれくらいですか?耐えられるか心配です。

医療レーザー脱毛の痛みは、輪ゴムで軽くパチンと弾かれる程度とよく表現されますが、個人差が大きいです。関節部分や顔については、骨に響くような独特の痛みも感じられます。ですが、基本的に、ほとんどの方が耐えられる程度の痛みと考えていただいて差し支えありません。レーザーの熱エネルギーは黒い色素(メラニン)に集中するため、毛が太いVIOは比較的痛みを感じやすいです。

当院ではお客様の痛みの具合に合わせて機械を選択可能です。蓄熱型レーザー(ソプラノチタニウム、ソプラノアイスプラチナム、メディオスターNeXT PRO)は痛みは比較的少ないとされています。ただしお客様によっては、従来の機械(ライトシェアデュエット、ジェントルマックスプロ)のほうがラクと感じる方も多くいらっしゃいますので、痛みが強いと感じられた場合には次回照射は異なるタイプのレーザーをお勧めする場合も多いです。

また痛みに弱い方、心配な方には塗る麻酔、笑気麻酔を使用する事も可能です。

医療レーザー脱毛で完全なハイジニーナ(無毛)にできますか?

可能な方と、不可能な方がいらっしゃいます。皮膚が白く毛の色素が濃い(黒い)方は限りなく無毛にすることが可能です。逆に皮膚の色が黒く、毛が細い、もしくは毛の色素が薄い方はレーザー脱毛で完全な無毛にすることはできません。ですが、当院では残った毛は「医療針脱毛」でなくす事が可能です。ぜひご相談ください。

医療針脱毛について >

IOラインが色素沈着していても脱毛できますか?

VIOはデリケートな部分であることから充分に注意して施術する必要があります。強いパワーで1度に照射すると火傷のリスクが上がります。そこで、弱いパワーで連射する、照射時間(パルス幅)を長くする、もしくは蓄熱型のレーザーを使用することで皮膚のメラニンへのエネルギー吸収を抑えて、毛包の幹細胞にエネルギーを多く吸収させます。ある程度の色素沈着であれば脱毛する事が可能です。

Iラインの粘膜(性器)への照射は可能なのでしょうか?

色調にもよりますが、Iラインの粘膜も照射可能です。ただし、火傷にならないように状態に合わせて施術を工夫する必要があります。リスクを最小限に抑えることが優先ではありますが、しっかり脱毛するためには豊富な症例数が必要です。万が一火傷を起こした際には、感染や色素沈着を予防するために、早期に適切に治療いたします。また、治療費、お薬代は無料になります。

脱毛すると、すそわきがが改善しますか?

脱毛することで皮膚の衛生環境が改善し、常在菌の増殖を抑えることで症状は改善します。汗腺の働きは残るので完全に症状をなくしたい方にはボトックス注射をおすすめしております。

麻酔クリーム・笑気麻酔とはどんなものですか?

麻酔クリームとは一般的に最も使用されている局所麻酔薬(リドカイン)の塗り薬です。当院では高濃度の製品を使用しております。塗布して20分後くらいから皮膚の感覚が鈍くなってきます。効果は2時間くらいで消失します。麻酔薬であるため1日に使用できる量に限りがありますので、特に痛みを感じる部位から優先的に塗布させて頂きます。また、痛みを感じにくくすることで照射に際してやけどのリスクが懸念されますので、麻酔薬を塗布していない部位でテスト照射を施行してから施行させていただくこともあります。

笑気麻酔とは鼻から吸入する麻酔薬で昔から歯医者さん等で使用されているものです。吸入をはじめて1分程で効果がでてきます。痛みを和らげることに優れた麻酔薬であり、吸入をやめれば5分程度で効果は消失します。但し、妊娠している方には使用できませんのでご注意ください。

施術は男性医師が行うのですか?ちょっと恥ずかしいのですが…

施術はすべて女性看護師が行いますのでご安心ください。当クリニックは女性のためのクリニックでお客様も女性限定ですから、リラックスして施術を受けていただくことができます。

生理になったときは脱毛しても大丈夫ですか?

当院では生理期間中のVIO脱毛はお断りさせて頂いております。VIO、臀部以外は施術しております。

急に生理になってしまいました。VIO脱毛の予約をキャンセルできますか?

前日までの連絡で何回でも無料でキャンセル可能です。再予約もしやすいようになっております。

Vラインの毛量を減らしたり、生える毛を短くする事はできますか?

Vラインの毛量を全体に減毛したり、薄くする事は可能です。ただし、生える毛の長さを短くしたり、コントロールすることはできません。

Vラインの形はどうしたらいいですか?選ぶことはできますか?

Vラインの形を残したい方は1〜3回は全範囲照射、以降は状態に合わせて希望の形に整えることが多いです。残す形は自然な卵型、逆三角形型を希望される方が多いです。形の大きさは好みによりますがショーツラインからはみ出ない程度だったり、水着をよく着られる方は小さめに整えます。

白髪は脱毛できますか?

医療レーザー脱毛の原理を考慮すると不可能だと考えられます。白髪の確実な脱毛方法は医療針脱毛のみと言えます。高齢化社会において陰部の衛生を保つために中高年世代における介護脱毛の需要が高まっています。表在性皮膚感染症の予防のためにもVIO脱毛は有効である考えられます。

医療針脱毛について >

VIO脱毛にはどの機械が一番いいのでしょうか?

毛質、肌質によって最適な機械は異なります。一般的には皮膚がかぶれやすい、ニキビが出来やすい方は蓄熱型(ソプラノチタニウム、ソプラノアイスプラチナム、メディオスターNeXT PRO)のほうが適しています。毛が太い、お肌が白い、痛みに強い方は従来機械(ライトシェアデュエット、ジェントルマックスプロ)が適しています。減毛率の優劣は個々の状況により異なりますので、カウンセリングでお尋ねくださいませ。

無料カウンセリング〜当日施術の流れ

STEP 1無料カウンセリングのご予約

STEP 2ご来院

  • ご来院
  • ご本人確認をさせて頂くため、公的な身分証明書をお一つお持ちください。(運転免許証、社員証、学生証、保険証、パスポートなど)

    当院でお渡しする医療用サージカルマスクを御着用頂くか、お手持ちのマスクに重ねて御着用いただきます。また、非接触型体温計での検温とアルコールでの手指消毒を皆様に御願いしております。受付カウンターは感染防止用のアクリル板を設置し、職員はマスクを装着しております。また扉や窓は開放して常時換気を行っております。

STEP 3専門カウンセラーによるカウンセリング

  • 専門カウンセラーによるカウンセリング
  • 専門のカウンセラーが個別ブースでご相談を承りますので、マスクをしたままお入りください。
    無理な勧誘は決していたしませんので、安心してご相談ください。
    <お尋ねしたいこと>
    ・脱毛を希望される部位と肌の状態について
    ・お薬の服用、持病、妊娠、アレルギーの有無など
    (妊娠中は原則的に施術を受けることはできません)
    ・ご不安な点などもお聞かせください

    感染防止用アクリルボードを設置しています。カウンセラーと距離をとってカウンセリングを受けていただきます。

STEP 4皮膚科医による問診

  • 皮膚科医による問診
  • レーザー脱毛は医療行為です。皮膚科医が問診を行います。問診中に着衣を脱いでいただくことはありません。脱毛プランにお申し込みいただいた場合、施術・処置はすべて女性看護師が担当し、必要に応じて経過観察は皮膚科医が行いますのでご安心ください。

    感染防止用アクリルボードを設置しています。医師と距離をとって問診を受けていただきます。

STEP Bアプリでスタート(オンラインカウンセリング)

  • オンラインカウンセリング
  • お約束いただいた日時になりましたら、スマホアプリでオンラインカウンセリングがスタートします。(パソコンの場合はブラウザを立ち上げてご用意ください)ログイン方法などこちらから手順をお伝えしますので、操作が不安な方もご安心ください。

    専門のカウンセラーと医師による問診を受けていただきます。内容は来院カウンセリングと変わりません。ぜひご利用ください。

ここまでが無料カウンセリングです
来院カウンセリングで当日施術の方は、
STEP 5へお進みいただきます。
オンラインカウンセリングの方は、
施術日をご予約いただきSTEP 5へお進みください。

STEP 5準備

  • 準備
  • 下着を脱いでいただき、タオルをかけて施術スタートします。

    シェービングについて
    事前に、ご自宅でのシェービングをお願いしています。VIOのシェービングの方法について、ご来院の前に丁寧に説明いたしますのでご安心ください。クリニックで看護師による有料シェービングも可能です。
    くわしくはこちら >

STEP 61回目の当日施術

  • 1回目の当日施術
  • 女性看護師がお客様とコミュニケーションをとりながら、痛みの度合いを確認しつつ施術します。痛みが強いと感じたら、遠慮なくお伝えください。パワーや照射ペースを調整したり、麻酔の使用が可能です。

    ① Vライン
    ナチュラルスタイルやハイジニーナなど様々なスタイルのご希望に対応可能です。どうしたらいいか分からないお客様にはカウンセラー、専門看護師から提案いたします。

    ② Iライン/Oライン
    できるだけタオルを使い、露出は必要最低限で処置いたします。初回はお痛みが強くなりますのでお客様のペースに合わせて照射します。

STEP 7施術後のケア

  • 施術後のケア
  • 炎症を抑えるために、お肌に適したレベルの副腎皮質ステロイド外用剤を塗布させて頂いております。(ご希望で非ステロイド製剤に変更も可能でございます。)

プランの詳細

  • 金額

    プラン名 VIOパーフェクト医療脱毛セット
    1回 15,400円(初回トライアル13,320円)
    5回総額 66,600円(1回あたり13,320円)
    月額 3,000円〜(2ヶ月目まで0円)
  • 照射範囲

    全3ケ所

    ① Vライン(Vラインの内側、全て照射可能)
    ② Iライン(粘膜も全て照射可能)
    ③ Oライン(直径6cmの円範囲)

  • 施術時間

    30分〜

    シェービングの状況やお客様の体格差、お肌に適したレーザーの種類により施術時間は増減しますが、御料金が変動することはございません。初回はカウンセリング、診察等により2時間程度かかる場合がございます。

  • 照射サイクル

    2ヶ月ごと(推奨)

    2ヶ月ごとに1回の照射サイクルとなります。ただし、毛量や毛周期には個人差があり、照射サイクルは多少異なります。少ない照射回数で最大限の脱毛を目指すため、お客様の状態に合わせた通院をおすすめしております。(ご希望があれば1ヶ月に1回の照射も可能ですが、毛周期に合わせた2ヶ月に1回の照射をおすすめしております。)

    脱毛の基礎知識〔毛周期〕>

  • 痛みについて

    パチンと弾くような感じ

    一般的なレーザー脱毛の痛みは、輪ゴムで軽くパチンと弾かれる程度と表現されます。(使用する機械によっても大きく異なります)レーザーの熱エネルギーは黒い色素(メラニン)に集中するため、毛が太かったり肌の色が黒いと痛みが増すことがあります。

    VIOでは、Vラインの中央部分や色素沈着している部分、IOラインの粘膜部分は痛みを感じやすいです。

  • 麻酔

    ガス麻酔 笑気ガス麻酔 3,200円
    塗る麻酔 麻酔クリーム
    (15%リドカイン)
    2,800円

    耐えられない程の痛みは通常ありませんが、お客様によっては塗る局所麻酔やお鼻から吸い込むガス麻酔を用いてリラックスして受けて頂くこともできます。

VIOパーフェクト医療脱毛の施術の流れ

  • 01
  • お名前を確認させて頂いて施術開始します。Vラインをハイジニーナ(全照射)するか、形を残すか専門の看護師とご相談ください。
  • お名前を確認させて頂いて施術開始します。Vラインをハイジニーナ(全照射)にするか、形を残すか専門の看護師とご相談ください。
  • 02
  • 使い捨てのカミソリでシェービングしていきます。(剃り残し対応無料)
  • 使い捨てのカミソリでシェービングしていきます。(剃り残し対応無料)
  • 03
  • 照射漏れがないように照射範囲をマーキングします。
  • 照射漏れがないように照射範囲をマーキングします。
  • 04
  • 痛みが心配な方には塗る局所麻酔薬、笑気ガス麻酔のご用意がございます。
  • 痛みが心配な方には塗る局所麻酔薬、笑気ガス麻酔のご用意がございます。
  • 05
  • 今回はライトシェアデュエットを使用してVラインを照射していきます。
  • 今回はライトシェアデュエットを使用してVラインを照射していきます。
  • 06
  • 皮膚に吸引圧力をかけて、表皮を伸展してダイオードレーザーで照射します。
  • 皮膚に吸引圧力をかけて、表皮を伸展してダイオードレーザーで照射します。
  • 07
  • 照射後に炎症を抑える薬を塗布します。
  • 照射後に炎症を抑える薬を塗布します。
  • 08
  • Iラインのシェービングをします。(剃り残し対応無料)
  • Iラインのシェービングをします。(剃り残し対応無料)
  • 09
  • 照射漏れのないように照射範囲をマーキングします。
  • 照射漏れのないように照射範囲をマーキングします。
  • 10
  • 冷却をしながら小さく動かしやすいハンドピースで照射していきます。
  • 冷却をしながら小さく動かしやすいハンドピースで照射していきます。
  • 11
  • 外側は脚の付け根、内側は粘膜を含めて女性器の毛も照射します。
  • 外側は脚の付け根、内側は粘膜を含めて女性器の毛も照射します。
  • 12
  • 射後に炎症を抑える薬を塗布します。
  • 照射後に炎症を抑える薬を塗布します。
  • 13
  • うつ伏せの体勢になり、シェービングしていきます。(剃り残し対応無料)
  • うつ伏せの体勢になり、シェービングしていきます。(剃り残し対応無料)
  • 14
  • 肛門を中心に直径6cmの円の範囲を照射します。
  • 肛門を中心に直径6cmの円の範囲を照射します。
  • 15
  • 照射後に炎症を抑える薬を塗布します。
  • 照射後に炎症を抑える薬を塗布します。
  • 16
  • ニキビができやすい方、肌荒れしやすい方はソプラノチタニウム/プラチナムを使用することができます。
  • ニキビができやすい方、肌荒れしやすい方はソプラノチタニウム/プラチナムを使用することができます。
  • 17
  • 1秒間に10発の3波長レーザー照射で蓄熱させる最新型のレーザー脱毛機です。
  • 1秒間に10発の3波長レーザー照射で蓄熱させる最新型のレーザー脱毛機です。
  • 18
  • アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーを使用することもできます。
  • アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーを使用することもできます。
  • 19
  • ご希望で痛みを軽減したメディオスターNeXT PROも選択可能です。
  • ご希望で痛みを軽減したメディオスターNeXT PROも選択可能です。

シェービング

  • シェービング
  • レーザー脱毛の原理を利用してしっかり脱毛するために、適切なシェービングが必要となります。照射の前日夜以降に日頃のお手入れで慣れている電気シェーバー、カミソリ等を使用して照射部位のお客様でのシェービングをお願いいたします。

    VIOのシェービングの方法について、ご来院の前に丁寧に説明いたしますのでご安心ください。看護師による有料シェービングも可能です。剃り残し対応は無料です。

    看護師による有料シェービング 1部位 500円
    VIOすべてシェービングする場合 合計 1,500円
    剃り残し対応 無料

医療脱毛のリスク

VIO医療脱毛風景
  • 赤み、かゆみ、むくみ(炎症性浮腫)

    レーザーの熱エネルギーによる毛包および表皮の炎症により、照射後の肌には赤みや小さなニキビが生じることが あります。毛が太く濃い部位は、レーザーの熱が集中して症状が出やすい傾向があります。通常は1〜2日で消退します。

    症状が継続する場合には状態に応じて適切なお薬(外用薬、内服薬)を処方いたします。

  • やけど

    レーザーの熱エネルギーは、皮膚の黒い色素(メラニン)に集中するため、とくに肌の色が濃い部分(色素沈着した部分など)に高出力でレーザーを照射した際に、表皮にやけどを負いやすくなるリスクがあります。

    肌の色が濃い場合は表皮に熱エネルギーが集中しないレーザーの種類と波長を選択して照射します。また、粘膜側がやけどにならないようにガーゼで保護しながら照射する場合もあります。

  • 毛嚢炎(もうのうえん)

    簡単に言うと、レーザーの熱で毛包および周囲に炎症が生じることが原因で生じます。厳密に言うと毛包自体が熱変性、壊死することで自己免疫が活性化されてリンパ球、好中球の影響から毛嚢炎の症状が出ます。好酸球が遊走すると痒みを伴ってくるため、ステロイドを塗布することも有効と考えられます。稀ではありますが、毛嚢炎の炎症が深部まで波及して、細菌感染が加わる事で皮下硬結を生じる事があります。その際には塗り薬では治りませんので皮膚科医が診察診察して抗生剤の内服をして頂きます。早期に治療することが色素沈着の予防に重要です。

    毛嚢炎はVIOのなかでは、下着との間擦部位であるVラインが生じやすく、照射後に清潔を保って頂く事が大切です。

  • 照射漏れ

    照射中に大きく動いてしまったり、皮膚の凹凸が多いIラインで生じやすいです。生じた場合は無料保証させて頂きます。照射漏れの判断の方法は、ご来院の際に詳しく説明させていただきます。

安心の返金保証

途中で満足された方は、余った回数分を返金保証 残り回数X13,320円ご返金
途中で満足された方は、余った回数分を返金保証 残り回数X13,320円ご返金

VIO5回セット、全身+顔+VIOの4回完了セット、全身+VIOの4回完了セットをご契約いただき、途中で満足された方は、余った残り回数分をご返金いたします。遠慮なくお申し出ください。