VIOパーフェクト医療脱毛セット

デリケートゾーンのムダ毛をなくす!
Vラインの形を自由にデザイン!
医療脱毛でパーフェクトVIO!
(エチケットライン+ハイジニーナ)
痛みを抑えた新型脱毛機もご用意しております。

VIOパーフェクト脱毛5回セット50000円VIOパーフェクト脱毛5回セット50000円

※月額支払いの場合、初月2ヶ月は0円です。

VIOパーフェクト医療脱毛セットの照射範囲

Vラインの内側全て、
Iラインの女性器の毛まで全て照射可能

  • Vライン

    Vライン

  • Iライン

    Iライン

  • Oライン

    Oライン

VIO脱毛の範囲は、Vライン(ビキニライン)+Vラインの内側、Iライン(性器周囲)、Oライン(肛門周囲)全てです。(外陰部の外側表皮部分も全て含みます)臀部(ヒップ)は含みません。※すべての毛を脱毛することも、薄くする、形を整えるなどのデザインも可能です。ご希望のスタイルを施術看護師にご相談ください。

夏のおすすめプラン VIOパーフェクト脱毛 66000円夏のおすすめプラン VIOパーフェクト脱毛 66000円

VIOパーフェクト医療脱毛の施術風景

医療レーザー脱毛ができるのは、
医療機関だけです。

エチケットとして一般的になりつつあるVIO医療レーザー脱毛!

ムダ毛や体毛に悩み、シェービングや毛抜きなどの自己処理を繰り返してきたけれど、やってもやってもきりがないし、肌もだいぶ荒れてしまった。。。
そんなときに誰もが一度は「永久脱毛できたらどんなに楽だろう」と思うのではないでしょうか。

医療レーザー脱毛や医療針脱毛は、医師や看護師がいるクリニックや病院でしか行うことができない医療行為です。そのため高い効果と安心が得られます。なかには、「永久脱毛は料金が高そう」と諦めてしまう方や、「安価にみえるエステ脱毛や家庭用脱毛機を選ぶ」方がいますが、あくまで「エステサロンの光脱毛はムダ毛を細く薄くする、もしくは一時的に毛の再生を遅らせる」ものです。

「エステ脱毛や家庭用脱毛機をいくらやり続けても、永続的な脱毛はできない」というのが真実です。

  医療脱毛 脱毛エステ
施術回数 5回 18回以上
施術期間 8ヶ月 3~5年
費用 1回当たりの料金はエステと比較して高いのですが、照射パワーの強い医療レーザーを使えることから回数を減らすことができ結果的に経済的。 1回の料金は安いのですが長く通わなければならない、コースが終わっても満足できずに追加で料金をお支払いされるなどで結果的に費用がかさんでしまう。
施術者の脱毛専門資格 女性看護師(国家資格)のみによる施術で安心。 無し
医師による診断 アトピーや基礎疾患がある方でも、医師の診察があるため安全です。 無し
肌のトラブルへの対応 医師・看護師が常駐、迅速に対応可能(診察治療は無料) 無し

ビューティースキンクリニックのVIO脱毛はココが違う!

Vラインの内側、粘膜面まで追加料金無しで照射!

当院のVIO脱毛は、Vラインの内側部分・Iラインなら粘膜面まで追加料金無しで照射いたします。「それって当たり前なんじゃないの??」と思われるかもしれませんが、他の脱毛クリニックでは別途料金が発生することもあります。
追加料金無しでVラインの内側の照射をすることができますので、少し薄くしたいなどの濃淡を自由に調整することが可能です。

4種類の脱毛機を導入しているから全てのお肌、全ての毛質に対応可能

当院は医療脱毛を専門に提供しているクリニックとなりますので、導入している脱毛機も豊富に4機種ございます。国内での導入数がトップクラスである定番の「ライトシェアデュエット」、「ジェントルマックスプロ」、近年人気ある蓄熱式脱毛機「メディオスターNeXT Pro」、その蓄熱式脱毛機の最新型である「ソプラノアイスプラチナム」もご用意しております。

※1種類のみの脱毛機で全てのお肌、全ての毛質に対応するのは限界がありますし、効率の悪いレーザー照射になると当院では考えております。

中でも蓄熱式脱毛機である「メディオスターNeXT Pro」と「ソプラノアイスプラチナム」はこれまでの脱毛機では対応しきれなかった肌質や産毛や細い毛にも有効です。

Vラインの内側部分・Iラインなら粘膜面の有毛部位まで追加料金無しで照射できること、豊富な脱毛機の中から効果が出るベストの選択ができること、こういったところが他の脱毛クリニックには無い当院の強みです。

施術情報

VIO脱毛の所要時間

  • アレキサンドライトレーザーのジェントルマックスプロを使用の場合、約20分、お肌にも色素沈着が軽度な場合に使用します。
  • ダイオードレーザーのライトシュアデュエットを使用の場合、約30分、お肌の色素沈着が強い場合に使用します。
  • 蓄熱式のソプラノアイスプラチナムを使用の場合、約30分、特に痛みが心配な場合に使用します。

通常は最初からヤグレーザーを使用することはありません。(色素沈着がとても強いか、細い毛の減毛のスピードが遅い時にのみ使用します。)
いずれのレーザーを使用しても料金が変動する事はありません。

VIO脱毛の痛み

Vライン

Vライン

毛量が多い方や脂肪組織が薄く、筋膜までの距離が近い部位では痛みを感じやすいです。

色素沈着の強い方は炎症が起こりやすいので、strongクラス(Ⅲ群)のステロイド剤を外用致します。
下着との間擦部位であり照射後に毛嚢炎が生じやすいので清潔を保って頂く事が大切です。
ロングパルスレーザーの深達度は数mmであり子宮や卵巣など実質臓器への影響は考えにくいですが、当院では妊娠中のお客様には照射をご遠慮頂いております。

Iライン

Iライン

女性器の近傍は少し痛みが出やすいです。

Iライン脱毛のポイント
Iラインの脱毛をされる方が一番気にされるのは痛みと恥ずかしさです。まず痛みに関してはお客様としっかりコミュニケーションを取りながら、お客様に苦痛にならないよう照射の速度や箇所を配慮させて頂きます。それでもお辛い方は麻酔をご利用される方もいます。
恥ずかしさに関しては、出来るだけタオルを使い、露出は必要最低限で処置をさせて頂きます。

Oライン

Oライン

毛が太くデリケートな部分なので痛みが出やすい個所です。ただし、粘膜であるため塗る麻酔が浸透するため、痛みのコントロールがしやすい。

Oライン脱毛のポイント
Oラインはお尻の皮膚を支えながら照射させて頂きます。

VIO脱毛の照射ペース

期間と回数は約2ヶ月に1回

※ご希望があればVラインを3回ほど全体的に照射を行い、その後は希望のデザインに合わせて照射することも可能です。
※毛量や毛周期には個人差があり、脱毛効果は部位や照射ペースによっても変わります。少ない照射回数で最大の効果を出すために、毛周期や減毛の進捗に合わせた通院をおすすめしています。

VIO脱毛の注意点

  • caution 1

    レーザー照射時のシェービング

    レーザー脱毛の効果を最適化するためには適切なシェービングが必要となります。照射の前日夜以降に日頃のお手入れで慣れている電気シェーバー、カミソリ等を使用して照射部位のお客様でのシェービングをお願いしております。当院でシェービングをする場合には清潔な使い捨てのカミソリを使用しております。

  • caution 2

    シェービングの無料での対応範囲

    各部位につき1割以下の剃り残しにつきましては無料で対応させて頂いております。(一部限定コースのみ対象外)
    ◎当院看護師がシェービングする場合の1部位:500円

  • caution 3

    赤み・かゆみ・むくみ

    レーザーの熱エネルギーによる毛穴周辺の炎症により、照射後の肌には赤みや小さなニキビ程度のむくみが生じることがあります。
    VIOの毛は比較的太いため、レーザーの熱が集中して症状が出やすい傾向があります。
    状態に応じて適切なお薬を処方いたします。

  • caution 4

    やけど

    レーザーの熱エネルギーは、皮膚の黒い色素(メラニン)に集中するため、とくに肌の色が黒い部位に高出力でレーザーを照射した際に、表皮にやけどを負いやすくなるリスクがあります。肌の色が黒い場合は表皮に熱エネルギーが集中しないレーザーの種類と波長を選択して照射します。また、粘膜側がやけどにならないようにガーゼで保護しながら照射する時もあります。

  • caution 5

    毛嚢炎(もうのうえん)

    レーザーの熱で毛穴の周辺が炎症、浮腫を起こすことで一時的にニキビの様に毛嚢炎を生じることがあります。毛嚢炎の状態が継続するときは抗炎症剤と抗生剤をお渡しさせていただきます。

  • caution 6

    打ち漏れ

    照射中に大きく動いてしまったり、皮膚の凹凸が多いIラインで生じやすいです。生じた場合は無料保証させて頂きます。

  • caution 7

    生理中は脱毛を避けましょう

    生理中は肌がとても敏感になっています。脱毛後に通常出る赤みや腫れがいつもより強く出る事もあり、雑菌も繁殖しやすい状態にあるので、当院ではお客様の安全を第一に考え、生理中のVIO脱毛は遠慮させていただいております。

VIO脱毛の費用

  総額 月額
5回セット 66,600円

通常118,000円

3,000円

(※月額支払いの場合、初月2ヶ月は0円です。)

VIO脱毛の流れ

STEP1

STEP01 服装

ボトムスだけ脱ぎ、専用のタオルガウンを巻いていただきます。

STEP2

STEP02 照射時の体勢

仰向けで開脚の姿勢が難しいお客様は、
うつ伏せで片膝を曲げて照射することも可能です。

STEP3

STEP03-01 Vライン

自然なスタイルやハイジニーナをご希望のお客様、また、どうしたらいいか分からないお客様にはカウンセラー、専門看護師から提案させて頂きます。○、□、◇、△、♡など様々なスタイルのご希望に対応可能です。何なりとご相談ください。

STEP03-02 Iライン

Iラインの脱毛で一番気にされるのは痛みと恥ずかしさです。恥ずかしさに関しては、出来るだけタオルを使い、露出は必要最低限で処置をさせて頂きます。痛みに関してはお客様のペースに合わせて照射させていただきます。

STEP03-03 Oライン

Oラインはただうつ伏せになった状態では隠れている為、お尻の皮膚を支えながら照射させて頂きます。

VIO(エチケットライン+ハイジニーナ)痛みへの対応

予約時に麻酔希望をお伝えください。

ガス麻酔 笑気

鎮痛作用に優れています。

3,200円
塗る麻酔 麻酔クリーム

高濃度リドカインを経皮吸収させます。

3,200円
貼る麻酔 ペンレステープ 1枚

細かい範囲に対応可能です。

500円

VIO脱毛後のお肌のプレケア・アフターケア

施術前のプレケア レーザー脱毛にとって日焼けは大敵です。やけどや色素沈着のリスクを減らすために、普段から日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が大切です。
施術直前のケア 脱毛部位に塗布した日焼け止めや化粧品は、施術前に必ず拭き取らせていただきます。
施術後のアフターケア 照射後に専用の外用剤を塗布させていただきます。炎症が強く生じた際にはお肌に負担をかけないレベルの副腎皮質ステロイド外用剤をお渡しさせて頂きます。

VIO(エチケットライン+ハイジニーナ)脱毛に関するQ&A

エステ脱毛より医療脱毛がいい理由はなんですか?
永久脱毛は皮膚に不可逆的な影響を及ぼすために医療行為を定義されています。
したがってエステの光脱毛(美容脱毛)は確実な減毛効果を出すことは法律で禁止されており、毛にダメージを与えることで一時的に毛の発育を抑制するのみとなっています。
医療レーザー脱毛は毛包の幹細胞を熱変性させることで半永久的な脱毛が可能となります。
VIO医療脱毛は完了までに何回かかりますか?
毛量や皮膚の状態によっても異なりますが、2回〜3回で効果を実感できて5回の施術で5割から7割程度の減毛できる方が多いです。
回数を増やすごとに減毛率は少なくなっていきます。
毎回適切なレーザー照射をしていれば10回目以降はほぼ変わらない状態となります。6回目以降は減毛効果を確認しながら施術していくことをお勧めしています。

当院では追加施術をコース金額を施術回数で割った1回あたりの金額で1回ずつ追加できるように設定しております。

レーザーの痛みはどれくらいですか? 耐えられるか心配です。
医療レーザー脱毛の痛みは、輪ゴムで軽くパチンと弾かれる程度とよく表現されますが、個人差が大きいです。関節部分や顔については、骨に響くような独特の痛みも感じられます。ですが、基本的に、ほとんどの方が耐えられる程度の痛みと考えていただいて差し支えありません。
痛みを感じやすい部位としては、毛が太いVIO(ハイジニーナ)、表皮と骨が接近している関節部分や顔などです。また、レーザーの熱エネルギーは黒い色素(メラニン)に集中するため、毛が太かったり色が濃いと痛みを増すことがあります。


当院ではお客様の痛みの具合に合わせて機械をセレクトしておりますが、比較的、蓄熱型レーザー(ソプラノアイスプラチナム、メディオスター)は痛みは少ないとされています。ただし人によっては従来の機械(ライトシェアデュエット、ジェントルマックスプロ)のほうがラクと感じる方も多くいらっしゃいますので、痛みが強いと感じられた場合には次回照射は異なるタイプのレーザーをお勧めする場合が多いくあります。また痛みに弱い方、心配な方には塗る麻酔、笑気麻酔を使用する事もあります。
医療レーザー脱毛で完全なハイジニーナ(無毛)にできますか? 

可能な方と、不可能な方がいらっしゃいます。皮膚が白く毛の色素が濃い(黒い)方は限りなく無毛にすることが可能です。逆に皮膚の色が黒く、毛が細い、もしくは毛の色素が薄い方はレーザー脱毛で完全な無毛にすることはできません。残存した毛は医療針脱毛で無くす事が可能です。

IOラインが色素沈着していても安全に脱毛できますか?
VIOはデリケートな部分であることから充分に注意して施術する必要があります。強いパワーで1度に照射すると火傷のリスクが上がります。そこで、弱いパワーで連射する、照射時間(パルス幅)を長くする、もしくは蓄熱型のレーザーを使用することで皮膚のメラニンへのエネルギー吸収を抑えて、毛包の幹細胞にエネルギーを多く吸収させます。ある程度の色素沈着であれば脱毛する事が可能です。
粘膜(性器)への照射は可能なのでしょうか? 

色調にもよりますが基本的に可能です。粘膜だから照射できないという理屈はありません。ただし、前述の通り火傷にならないように状態に合わせて施術を工夫する必要があります。また、もし火傷を起こした際には感染や色素沈着を予防するために早期に適切な治療することが大切です。

脱毛すると、脇の臭い・すそわきがが改善しますか?
脱毛することで皮膚の衛生環境が改善し、常在菌の増殖を抑えることで症状は改善します。汗腺の働きは残るので完全に症状をなくしたい方にはボトックス注射をおすすめしております。
麻酔クリーム・笑気麻酔とはどんなものですか?
麻酔クリームとは一般的に最も使用されている局所麻酔薬(リドカイン)の塗り薬です。塗布して20分後くらいから皮膚の感覚が鈍くなってきます。効果は2時間くらいで消失します。麻酔薬であるため安全面から1日に使用できる量に限りがありますので、特に痛みを感じる部位から優先的に塗布させて頂きます。また、痛みを感じにくくすることで照射に際してやけどのリスクが懸念されますので、麻酔薬を塗布していない部位でテスト照射を施行してから安全面に配慮して施行させていただきます。
笑気麻酔とは鼻から吸入する麻酔薬で昔から歯医者さん等で使用されていました。
吸入をはじめて1分程で効果がでてきます。痛みを和らげることに優れた麻酔薬であり、吸入をやめれば5分程度で効果は消失します。但し、妊娠している方には使用できませんのでご注意ください。
施術は男性医師が行うのですか? ちょっと恥ずかしいのですが…

施術はすべて女性看護師が行いますので、ご安心ください。当クリニックは女性のためのクリニックでお客様も女性限定ですから、リラックスして施術を受けていただくことができます。

生理になったときは脱毛しても大丈夫ですか? 
当院では生理期間中のVIO脱毛はお断りさせて頂いております。 
急に生理になってしまいました。VIO脱毛の予約をキャンセルできますか?
前日までの連絡で何回でも無料でキャンセル可能です。
Vラインの毛量を減らしたり、生える毛を短くする事はできますか?
Vラインの毛量を全体に減毛したり、薄くする事は可能です。ただし、生える毛の長さを短くしたり、コントロールすることはできません。
Vラインの形はどうしたらいいですか?選ぶことはできますか?
Vラインの形を残したい方は1回〜3回は全範囲照射、以降は状態に合わせて希望の形に整えることが多いです。残す形は自然な卵型、逆三角形型を希望される方が多いです。形の大きさは好みによりますがショーツラインからはみ出ない程度だったり、水着をよく着られる方は小さめに整えます。
白髪は脱毛できますか?
医療レーザー脱毛の原理を考慮すると不可能だと考えられます。白髪の確実な脱毛方法は医療針脱毛のみと言えます。高齢化社会において陰部の衛生を保つために中高年世代における介護脱毛の需要が高まっています。表在性皮膚感染症の予防のためにもVIO脱毛は有効である考えられます。
VIO脱毛にはどの機械が一番いいのでしょうか?
毛質、肌質によって最適な機械は異なります。一般的には皮膚がかぶれやすい、ニキビが出来やすい方は蓄熱型(ソプラノアイスプラチナム、メディオスター)のほうが適しています。毛が太い、お肌が白い、痛みに強い方は従来機械(ライトシェアデュエット、ジェントルマックス)が適しています。減毛効果の優劣は個々の状況により異なりますので、カウンセリングでお尋ねくださいませ。

VIO脱毛の詳細な手順

STEP1

御氏名を確認させて頂いて施術開始 。Vラインをハイジニーナ(全照射)するか、形を残すか専門の看護師と相談

STEP2

使い捨てのカミソリでシェービングしていきます。

STEP3

照射漏れがないように照射範囲をマーキングします。

STEP4

痛みが心配な方には塗る局所麻酔薬、笑気ガス麻酔のご用意がございます。

STEP5

今回はライトシェアデュエットを使用してVラインを照射していきます。

STEP6

皮膚に吸引圧力をかけて、表皮を進展してダイオードレーザーで照射します。

STEP7

照射後に炎症を抑える薬を塗布します。

STEP8

Iラインのシェービングをします。

STEP9

照射漏れのないように照射範囲をマーキングします。

STEP10

冷却をしながら小さく動かしやすいハンドピースで照射していきます

STEP11

外側は脚の付け根、内側は粘膜を含めて女性器の毛も照射します。

STEP12

照射後に炎症を抑える薬を塗布します。

STEP13

うつ伏せの体勢になり、シェービングしていきます。

STEP14

肛門を中心に直径6cmの円の範囲を照射します。

STEP15

照射後に炎症を抑える薬を塗布します。

STEP16

ニキビができやすい方、肌荒れしやすい方はソプラノアイスプラチナムを使用することができます。 

STEP17

1秒間に10発の3波長レーザー照射で蓄熱させる最新型のレーザー脱毛器です。

STEP18

アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーを使用することもできます。

STEP19

ご希望で痛みを軽減したメディオスターNeXT PROも選択可能です。

VIO脱毛パーツ別料金

  • Vライン 脱毛 1回5,980円(税別)
  • Vライン 脱毛 5回セット24,800円(税別)月額5,500円 5回払い( 定価34,800円)
  • Iライン 脱毛 1回5,980円(税別)
  • Iライン 脱毛 5回セット24,800円(税別)月額5,500円 5回払い( 定価34,800円)
  • Oライン 脱毛 1回5,980円(税別)
  • Oライン 脱毛 5回セット24,800円(税別)月額5,500円 5回払い( 定価34,800円)

mv

ビューティースキンクリニックについて

皮膚科医が運営する医療レーザー脱毛を中心とする美容皮膚科クリニックです。施術を担当する看護師、受付カウンセラー、お客様も女性限定のため、お客様はリラックスした雰囲気のなかで施術を受けられます。
当クリニックの特徴は、医師が責任を持ってお客様のお肌や毛質に最適な3種類の医療レーザーを選択し、出力エネルギーを細かく調整します。肌に過度な負担をかけることなく、少ない照射回数で最大の効果を発揮します。プライベートクリニックならではのきめ細かい美容医療を自信をもって提供致します。

◆3年間の有効期限と5つの完全無料保証

すべての脱毛プランの有効期限は3年間です。5つの無料保証※と安心・リスクへの対応により、お客様の脱毛終了までしっかりとサポートします。
※1.カウンセリング料・問診料、2.初診料・再診料・処置料、3.前日までの予約キャンセル料・プラン解約手数料、4.打ち漏れの再照射料、5.施術による肌トラブルの治療代・お薬代は、無料保証です。

  痛み少ない医療レーザープランにおきましては
  施術予約キャンセル期限が異なり、打ち漏れ再照射、剃り残し無料保証の対象外となります。

◆医療脱毛は照射5回がひとつの目安です。

医療脱毛とは毛乳頭組織を不可逆的に変性させる医療行為であり、レーザー脱毛や針脱毛のみ可能です。1回のレーザー照射で毛乳頭組織が破壊された毛は同じ毛包からは生えてきませんが、1回の照射で毛乳頭組織を破壊できるのは全毛量の約10〜20%(毛周期の中で成長期)なので、照射5回がひとつの目安になります。
VIOは毛が太いため顔面や首に比べて少ない照射回数から減毛効果を認めることが多いです。

無料カウンセリングのお申込 無料カウンセリングのお申込

無理な勧誘などは一切いたしません。
あなたのお悩みを何でもお聞かせください。

税についての特記がない価格は全て
税抜き表記となります