何故クリニックによって医療脱毛の価格は違うのか

クリニックによっての価格の違い

 

美容クリニックの治療料金は経営方針の違い

治療メニューが違えば料金が違うのはよくわかる話だと思います。疑問なのは、同じ治療をするにしてもクリニックごとに価格が違うということでしょう。そこで説明したいのが美容クリニックでの診療は、自由診療と言われる保険適用外診療だということです。

 

美容クリニックではそれぞれの治療の価格はクリニックに一存されており、当然それぞれのクリニックの経営方針が関わってきます。私は東京で医療脱毛を行うクリニックを経営しており、開院するにあたり、様々なクリニックの運営体勢について調査しました。結果、運営には2つの方法があると気付きました。

 

1.様々な治療を打ち出し、広告費や事業拡大などに経費をかけて新規のお客様をより多く獲得していく、クリニックのキャパシティーを拡大する方法

 

2.治療を専門化し、広告費などの経費を抑えることで新規のお客様の数を制限しても運営できる体制をつくる方法

 

そのクリニックがどのような方針で運営されているのかはホームページから見えてきます。

前者ではクリニックを拡大する経費がかかりますので結果、治療費が高騰しがちですが、後者の小規模で広告を絞って、少ない新規客で運営していくスタンスのクリニックは新たな経費はかかりませんので、結果、治療費を安くすることができます。

 

クリニックの規模が小さい事で、立派な広告ページを作成する事はできませんが、来院したお客様に競合よりも安く、しかも高品質の医療技術を提供できるので、紹介という手段で新規客を安定して獲得していけるのです。小規模なクリニックでは料金が安いからといって、治療内容が悪いということではなく、広告費やクリニックを拡大するための経費を抑えることでお客様に安く治療を提供している場合があるのです。

 

 

クリニックの経営破綻でコース完了まで施術を受けられない人がいる

コースが完了できない!?

しかし最近では、大手エステサロンの経営破綻もあり、契約した施術が受けられず、支払ったお金も返ってこない等、消費者には不安がつきまとうことが多くなりました。

 

医療業界はエステ業界に比べると経営破綻する割合が少ないですが都心の美容クリニックでも年々、経営破綻の数が増えてきています。そういった話は私が運営している医療脱毛クリニックの業界でも例外ではありません。いつ行ってもガラガラでお客様のいない、1日中誰も来ないクリニックが倒産するのは紛れもない事実なのです。

 

流行っている・人気のあるクリニックは安心、とは限りません

では、流行っている、お客様のたくさんいる医療脱毛クリニックで契約すれば脱毛コース終了まで安心して施術をうけれるのでしょうか?それがそうではありません。ここで考える必要があるのが、医療脱毛とその他治療の会計システムの違いです。

 

美容クリニックには、医療脱毛をメインとしているクリニックと二重手術や脂肪吸引、豊胸手術などの様々な治療を受けることができるクリニックがあります。どちらをクリニックのメインにするかは、経営方針の違いなのですが、医療脱毛とその他の治療では収入モデルが異なります。例えば、二重手術や脂肪吸引などの治療を中心に運営しているクリニックは毎日たくさんのお客様が入っていれば、その都度、売り上げが上がります。

 

しかし、医療脱毛クリニックはそうではありません

多くのお客様がコース契約され、初日に全額をお支払いしていただいた後、コース消化では治療費を支払うことはありません(剃毛代や薬剤料などはクリニックによっては頂くところもあります)。

こういった医療脱毛の会計システムから、極端な話、医療脱毛をメインでおこなっているクリニックの場合、お客様で溢れかえっていても新規のお客様がいなければ、売り上げ0円という可能性もあるのです。医療脱毛クリニックの運営には多額の経費がかかりますので新規のお客様が来ない状況が続くと経営難になってしまいます。

 

安心してコースを消化するためにも数十万円の医療脱毛のコースやプランを契約する際には、慎重にクリニック選びをする必要があります。

 

 

医療脱毛クリニックの特徴

それでは、なぜ新規のお客様が来なくなる状況が産まれるのでしょうか。

その原因としては「施術のレベルが低い」「予約がとれない」「クリニックの居心地が良くない」「追加費用がかかる」などの理由から現在施術を受けられているお客様が友人に紹介できないことや、口コミサイトで悪い評判が広がってしまい新規のお客様が減少してしまうことが考えられます。

 

新規のお客様が減ってしまった医療脱毛クリニックは、広告費を増やし、消費者の年齢層、地域を広げて派手に露出していく必要があります。新規のお客様が来ないことには経営が成り立たないのでそうせざるおえないのですが、この広告費によって不必要な経費が増え、経営を圧迫することになりますし、安く施術を提供することも難しくなってくることでしょう。

 

しかし医療脱毛クリニックにとって本当に致命的なことはコースの途中解約に伴う返金です。初回の契約時にコースの売り上げを全額計上してしまえば、途中での解約に伴う返金はクリニックにとって借金となりますので運営が傾く原因になります。医療脱毛クリニックでは、その他の施術をメインとして行なっているクリニックに比べ、コースを途中解約されないためにお客様の満足度を向上して行く努力が必要となります。

 

 

予約が取れることが大事

医療脱毛では予約が継続して取れることが重要

しかし、居心地の良いクリニックであれば途中解約しようとは思わないでしょうし、頂いた金額以上の治療効果を提供すれば、お客様は満足されます。知人に紹介もしてくれますし、さらに通いやすい安い料金であれば、口コミ効果で経営も安定していることでしょう。

 

では、お客様にとって満足度が高いクリニックとはどのようなクリニックでしょうか。

私が施術レベルと同じくらい大切にしているのが、予約をスムーズにとれる状況にしておくことです。終了するまで2年間かかる医療脱毛と8ヶ月で終了できる医療脱毛ではどちらが「お得=安い」と言えるでしょうか。8ヶ月で終了できる医療脱毛の方が費用対効果で見た時に「お得=安い」といえるでしょう。

 

せっかく早く医療脱毛を始めたのに夏に間に合わない、せっかくの海外旅行なのに施術期間中だから日焼けができないといった場合、多くのお客様は不満を感じることになるからです。

 

 

高品質の医療を提供

 

予約がとれて料金も安い、高品質の医療脱毛を提供

最後に私どものビューティースキンクリニックの経営方針についてお伝えします。

ビューティースキンクリニックは東京に一院のみの経営規模としては、とても小さなクリニックです。しかしながら、私は経営者として顧客満足度はとても高いクリニックだと自負しています。私どものクリニックは「医療脱毛に特化した施術を安く、しかも高品質に提供することで、紹介という手段で新規のお客様を安定して獲得している」クリニックです。

 

最新型の脱毛機・脱毛に関する深い知識と高い技術力

ビューティースキンクリニックでは脱毛を希望するお客様をお迎えするための万全の体制をご用意しております。最新型の脱毛機を導入しており、3種類の医療レーザーの波長、出力を使い分けることで、スキンタイプや毛の性状に合わせた施術ができ、より高い脱毛効果を提供できるようになっています。

 

それに加え、私は臨床実績により、肌トラブルを起こさない方法、他院で断られたパターンの脱毛などにも対応できる深い知識、高い技術も持ち合わせています。もちろんお客様と直接会うスタッフ一人ひとりも、脱毛、美容皮膚科について深い知識を持っています。

 

 

長く安定した医療脱毛クリニックとして

そして、経営者として長く安定した医療脱毛クリニックを運営していくために、お客様からお支払いいただいた料金については、施術が終わった回数分を売り上げと認識する姿勢を大切にしています。

なぜなら、初回の契約時にお客様が支払う金額はクリニックがお預かりするだけで、要望があれば返金する義務があります。

 

 

都内で一番予約が取りやすいクリニックを目指して

また、予約がとれることもとても大切だ、と申しましたが、経営部分でも予約が取れる=コース消化ができることは、コースを途中解約されないためにとても大切なことなのです。

 

私は経営者であると共に、ビューティースキンクリニックの院長をしています。医師としては、「質の高い医療脱毛を多くの方に提供したい」と強く思っています。

結果、当院はどこよりも安い価格設定をしています。しっかり脱毛をしてもらえるのかと不安を感じてしまうお客様もいらっしゃるかもしれませんが、この安い価格設定は「脱毛」という治療を多くの人に受けてもらいたい、という私の想いを反映した価格なのです。

 

もちろん治療終了後の効果、満足度は金額以上のものをお約束します。安い価格で最高の満足度を提供できることが、顧客満足度につながると私は確信しています。「安かろう、悪かろう」とは絶対に言わせませんし、その自信があるのです。脱毛に興味をお持ちになりましたら、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。私どもの想いを受け取っていただけると確信しています。

 

 

無料カウンセリングのお申込 無料カウンセリングのお申込

無理な勧誘などは一切いたしません。
あなたのお悩みを何でもお聞かせください。

税についての特記がない価格は全て
税抜き表記となります