脱毛前に知っておくべき副作用まとめ【保存版】

脱毛はムダ毛の毛根周辺部へ熱ダメージを与えることから、肌にも少なからず負担がかかります。そのため、稀にやけどなどの副作用を起こしてしまうことも。光脱毛やレーザー脱毛の副作用についてまとめました。

こうしたリスクを理解したうえで安全に脱毛するなら、クリニックがおすすめです。副作用がおきてもすぐに正しい処置やアドバイスを行い、医療機関としての責任を果たしてくれるので安心です。

副作用ケース1 赤み(皮膚の炎症反応)

脱毛後の数時間から翌日にかけては、肌に赤みやヒリヒリ感が出ることがあります。これはレーザーやフラッシュなどの光線を肌に照射する以上避けられないリスクであり、症状は正常な反応として捉えることができます。レーザー脱毛の場合は、毛根のメラニンに反応して生じた熱によって毛根組織を破壊し、脱毛効果を得ています。施術後は毛穴全体が熱を帯びて「軽いやけどをした状態」がしばらく続くため、そのダメージが表皮に赤み・かゆみ・むくみ(炎症性浮腫)という症状として現れるのです。

 

<予防法>肌荒れをしていると光や熱のダメージを受けやすいため、普段から保湿ケアやUVケアをしっかり行い、表皮を健やかに保ちます。

 

<対処法>クリニックから支給される保湿剤を塗り、赤みやかゆみが続くようなら処方された消炎剤や軟膏などをつけて炎症を抑えます。

 

 

副作用ケース2 やけど(火傷)

脱毛後、3日以上経過しても赤みや炎症がおさまらなかったり、黒ずみなどの色素沈着がみられたりする場合は、軽度のやけどが疑われます。

やけどが起きてしまう要因は主に3つあり、1:クリニックや脱毛サロンに置いてある脱毛機械に問題があること、2:施術者の技術レベルが低いために照射パワーを間違えて上げすぎてしまうこと、3:脱毛する前に肌を日焼けしてしまったことなどが挙げられます。

これらの要素が重なるとやけどが起きやすくなりますが、実際は、クリニックの脱毛でやけどが起きることは稀です。また、肌色が濃い人や、肌が乾燥してコンディションが悪いときも、やけどリスクが高まる傾向があるので注意が必要です。

 

<予防法>脱毛中の日焼けは厳禁です。必ずUVケアや日焼け対策を行います。また、脱毛技術の高いクリニックを選ぶこともやけどを予防する大事なポイントです。

 

<対処法>やけどが疑われたらすぐにクリニックに連絡して適切な処置を受けましょう。レーザー脱毛で起きたやけどの診察・治療は無料で対応してもらえることがほとんどです。

 

 

 

副作用ケース3 硬毛化

顔や背中などの産毛や細い毛が、レーザーやフラッシュの刺激によって濃くなってしまう現象が「硬毛化」です。原因の一つに、毛根に中途半端な刺激を与えてしまうことがあると考えられています。

フラッシュの光刺激はレーザーよりも弱く、そのため肌に優しいと言われることがありますが、フラッシュの光では脱毛効果が低いために、抜けなかった毛根が活性化して、硬毛化を招きやすいと言えます。

 

<予防法>レーザー脱毛では、脱毛する場所や毛質に合わせて使用するレーザーの種類を使い分けて予防可能です。ただそのためには、少なくとも3種類のレーザーが必要です。

 

<対処法>硬毛化した太い毛は、YAG レーザーを使用すれば早く対処できます。一般的なダイオードレーザーだけで対処すると、脱毛期間が長期化してしまいます。

 

 

 

副作用ケース4 毛嚢炎(もうのうえん)

脱毛後の肌に、ニキビ状のブツブツができることがあります。これを「毛嚢炎」と言います。毛嚢炎は脱毛の刺激で肌のバリア機能が下がったり毛穴が傷ついたりしたときに、ブドウ球菌などの雑菌が感染して起こります。

比較的起こりやすい肌トラブルなので、単なるポツポツは普段のお手入れをきちんとすれば問題なく、赤みや痛みが出てきたときは塗り薬などで対処します。

 

<予防法>肌を清潔にして表皮を健やかに保つこと、ムダ毛の自己処理などで肌を傷めないことで予防します。

 

<対処法>ブツブツは無理に潰さないことと、塗り薬を自分で選ばないことが大切です。痛みや痒みがあれば早めにクリニックを受診し、適切な薬を処方してもらいましょう。

 

 

 

副作用ケース5 打ち漏れ(照射失敗)

脱毛は人の手で行われるため、脱毛機械の照射口を肌に当てるときの角度や、照射間隔の判断などが適切でない場合は、打ち漏れが発生してしまうことがあります。これは施術者の技術的なミスと考えられますが、トレーニングを重ねていた場合であっても、人が行う限りは稀に起こると想定されます。とくに、凹凸がある部位や照射範囲が狭い場所(顔、脇、VIOなど)は、打ちもれが発生しやすい傾向があります。

レーザー脱毛で打ち漏れが疑われるケースは、照射から2週間経っても毛が抜け始めないときです。照射が成功していれば、通常は照射後2〜3週間で、黒い毛がポロポロと抜け落ちてきます。

 

<対処法>該当箇所をそのままキープし(シェーバーなどで剃毛しない)、照射後2〜3週間以内にクリニックに申し出てください。照射失敗と判定された場合、レーザーが3種類揃っているクリニックであればすぐに再照射の手配をしてくれます。

 

 

副作用ケース6 汗の量が増える

これは非常に稀なケースです。通常はレーザー脱毛をすると汗の量も臭いも軽減する効果があります。そのため汗の量が増えたというのは誤解であることが多く、その背景には、レーザー脱毛で毛が無くなったために汗が皮膚をつたわるようになり、汗を感じやすくなった、ということがあります。

 

<対処法>もともとの体質によるものや多汗症の可能性も考えられますが、手軽な治療法として制汗ボトックス注射があります。

 

 

 

副作用ケース7 埋没毛(埋もれ毛)の発生

レーザー脱毛をすると、稀に埋没毛が起きることがありますが、原因は体質や肌の状態とも関連がある複合的なものと考えられています。埋没毛はやがて、細胞が異物を取り込む貪食作用によって徐々に無くなっていくため、レーザー脱毛は続けて問題ありません。

また、カミソリや毛抜きでムダ毛処理をして肌を傷つけると、皮膚が防御反応を起こして毛穴をふさいでしまうことがあります。その場合、毛根は健在なため皮下で毛が成長し、目立つ埋もれ毛となる場合があります。

 

<予防法>いつも肌を清潔にして、保湿ケアなどをしっかり行い表皮を健やかに柔らかく保つこと、ムダ毛の自己処理などで肌を傷めないことです。

 

<対処法>一部サロンでスクラブマッサージを推奨しているところがありますが、スクラブ剤や摩擦はかえって肌を傷めてしまいます。それよりも保湿に重点をおきながら、自然の貪食作用を待つという対応をするのがベターです。

 

 

肌トラブルに万全な体制のあるクリニックを選びましょう

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、毛根のメラニンに反応してダメージを与えるという行為なので、肌トラブルや副作用のリスクが必ずあります。そのため、クリニックや脱毛サロンが事前にリスクを理解できるよう情報提供していることや、技術面でリスクの軽減に努めていることも大事です。

しかし一番重要なのは、実際に副作用が起きた際に、速やかに治療できる体制があることです。脱毛サロンでは医療行為が禁止されていますので、永久脱毛はもちろん、肌トラブルを診察・治療することもできません。脱毛による副作用に対処できるのはクリニックだけです。

肌トラブルに対する保証制度や、脱毛が長期間受けられる保証があるクリニックなら、治療にも専念できますし当初の目的である脱毛も最後まで続けることができるでしょう。

 

 

 

無料カウンセリングのお申込 無料カウンセリングのお申込

無理な勧誘などは一切いたしません。
あなたのお悩みを何でもお聞かせください。