女性専用の安い医療脱毛専門クリニック | 新宿駅から徒歩2分

ビューティースキンクリニック

(1)医療脱毛とエステ脱毛の比較【使用マシンを詳しく解説】

    • 脱毛全般
    • 金額
    • schedule公開日: 2017.01.21
    • restore更新日: 2019.12.27

医療脱毛とエステ脱毛のどちらがいいの?使用マシンを詳しく解説!

エステ脱毛の仕組み

むだ毛の処理はどこで行いますか?自宅でしょうか。それともエステティックサロンでしょうか。もしくは、美容クリニックでしょうか。

多くの方がまず自宅での処理を行い、それでは肌を痛める、ずっと処理をしなければならないことを苦に思いエステティックサロンや美容クリニックの脱毛プランに興味を持ちます。

今回は、エステティックサロンで行われている脱毛と美容クリニックなどで行われる医療脱毛の違いを比較してみましょう。

エステティックサロンで行われている脱毛は、光脱毛と呼ばれます。

フラッシュ脱毛やIPL脱毛と呼ばれることもありますが、光を用いた脱毛法であることは変わりありません。少し科学的な話になりますが、光とは電磁波の一つです。光であれば熱を生じるかといえば、そんなことはありません。光が吸収される際に、吸収される物質によって熱を生じます。

光脱毛で反応する物質といえば、「毛」です。しかし厳密にいえば「黒(濃い色)=メラニン」です。濃い色に反応して光が熱を生じます。この熱を使って毛根を焼くというのが、エステティックサロンで行われている脱毛の仕組みです。

ただエステティシャンは医療行為を行う資格がないため、肌を傷つける行為を行うことはできません。したがって、エステティックサロンで使用される光脱毛の機器は、光の出力(パワー)を制限して怪我や火傷が起きないようになっています。その結果、完全な無毛状態まで脱毛することは不可能です。

※光の出力(パワー)を抑えているからといって、火傷のリスクが無いわけではありません。なぜなら、エステで使用する光は広域な波長を含んでいるためメラニン以外の物質にも反応するためです。

医療脱毛の仕組み

一方、医療脱毛では大きく分けて2つの脱毛方法があります。一つは、レーザーを用いた脱毛です。もう一つは、電気を用いた脱毛です。どちらでも永久脱毛を行うことができます。

レーザー脱毛は、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーなどの医療用レーザーを用いて毛母細胞(毛乳頭)をなくしていくことで、脱毛していきます。レーザーも光の一種ですが、光脱毛の光が複数の波長を含む光なのに対し、レーザーは単一の光となります。その分、複数の光よりも強いパワーを持っています。そのため、皮下組織である毛母細胞に作用することが可能になります。皮下組織に作用することは、そのまま肌を傷つける行為に当たります。

ですから、医療レーザーは医療機関でしか取り扱うことができないのです。また、取り扱い方を間違えれば怪我や火傷の恐れがあるため、照射部位は医師の診察が必要不可欠なのです。

電気を用いた脱毛は、当院では「医療針脱毛」と呼んでいるものです。

エステティックサロンの脱毛で硬毛化してしまった毛や、白くなってしまった毛、レーザーでは火傷の恐れがあって施術できなかった乳輪の毛の脱毛ができます。毛穴に挿入した針に電気を通すことで、毛乳頭を直接破壊します。どのような毛も安全かつ確実に脱毛することができます。

1本ずつ脱毛するので時間はかかりますが、レーザー脱毛では効果のでにくい毛にも効果があるため、どうしても処理したい毛などにおすすめです。

レーザー脱毛と医療針脱毛のどちらがよいかといったことも、施術前のヒアリング、カウンセリングで患者さまにお伝えしています。全身の毛を完全に脱毛したいという希望の方には、レーザー脱毛と絶縁針脱毛を組み合わせて施術することを推奨しております。

トータル的な金額面・時間面から考えれば医療脱毛に軍配

冒頭で、むだ毛の処理は自宅処理→エステティックサロンor美容クリニックと段階を踏む方が多いと書きました。これには金銭的な背景もあります。

私は絶対おすすめしませんが、自宅でかみそりやワックスを使った処理は、エステティックサロンや美容クリニックで脱毛を行うより安価で行えます。エステティックサロンでの脱毛も美容クリニックよりも安価で行えます。できるならば、むだ毛の処理で大きなお金は使いたくないという心理が、むだ毛処理のステップを踏んでいるとも考えられます。

しかし、人生という長いスパンで考えたとき、今一度エステティックサロンと美容クリニックを比較してみてください。一番高価と思われている美容クリニックでの医療脱毛は本当に「高価」なのでしょうか。

当然ながら、自宅での処理に終わりはありません。毛周期に合わせ、毛は伸び、そして抜けていきます。しかし見えている毛が減ることはありません。一時、目立たなくなるのが自宅処理の精一杯です。カミソリも衛生面を考えて、定期的に買い替える必要があるでしょう。肌を守るためのジェルやクリームも必要です。

エステティックサロンでの脱毛にしても、2か月に1度、全身脱毛であれば3時間近く拘束されます。ジェルやクリームといったスキンケアのアイテムは、別途購入する必要があります。また永久脱毛ができるまでの期間も2年はかかります。

医療脱毛では、大体5回程度でむだ毛は気にならなくなります。脱毛のタイミングも2~4か月に一度です。全身脱毛では3時間ほど拘束されますが、期間が空くので、ゆっくり自分を休める時間に当てる方も多いです。大体8~10か月ほどでむだ毛の悩みから解放されます。

医師によるアフターフォローも料金に含まれているため、脱毛や肌について専門家のアドバイスを受けることが可能です。

このように金銭面を単純に比較するのではなく、人生の中で脱毛にかける時間をトータル的に考えた場合、医療脱毛が最も「安価」と言えるのではないでしょうか。

私自身の経験から申し上げますと、私も過去にいろいろな脱毛をしてきました。ただ、最終的にキレイに脱毛できたのは医療脱毛ですし、費用対効果が高かったのも医療脱毛でした。

当院ではエステティックサロン並みの価格を実現

そうは言っても、医療脱毛は高いと思われる方は多いのが現実です。この現実を変えるべく、私のクリニックではエステティックサロンと同価格帯で最新の医療レーザー脱毛を提供しています。医師である私自身が運営、経営するクリニックだからこそ、この価格が実現しました。

そこには価格を下げるため、医療レーザーに特化した機械、設備の導入により不要なコストを抑えるという努力もあります。

何より、質の高い医療脱毛を多くの方に提供したいという私自身の思いを反映しています。

お試し体験や2、3回脱毛で効果が出なかったと永久脱毛をあきらめたことがある人も、脱毛行為に対して真剣に臨む私のクリニックにお越しください。

価格面でエステティックサロンの脱毛を検討している方は、より高い品質の「医療脱毛」を同じ価格帯でビューティースキンクリニックにて、受けてみませんか?

関連するメニュー

この記事の監修医師

こちらの記事もオススメです

脱毛エステの「IPL脱毛・SSC脱毛」を医療レーザーと比較

  • 林先生の脱毛本気トーク
  • 脱毛全般
  • schedule公開日: 2016.03.10
  • restore更新日: 2019.12.27

脱毛サロンやエステで行われている脱毛は、「フラッシュ脱毛(光脱毛)」と呼ばれています。おおまかに分けて「IPL脱毛」と「SSC脱毛」があり、IPL脱毛もSSC脱毛も、ジェルをつけてから光を当てるという施術スタイルは同じです。では一体何が違うのでしょうか…?

続きを読む  

(2)医療脱毛とエステ脱毛を比較【医療脱毛のメリットを詳しく解説】

  • 全身脱毛
  • 脱毛全般
  • 金額
  • schedule公開日: 2019.12.24
  • restore更新日: 2019.12.27

いざ脱毛をしようと思ったとき、医療脱毛とエステ脱毛のどちらに通えばよいのか悩みませんか?それぞれ、同じ脱毛でも特徴や効果、施術回数などが異なります。どちらを選ぶかによって、理想の脱毛ができるかが決まると行っても過言ではありません。今回は、医療脱毛とエステ脱毛の違いや、どのような人たちにおすすめなのかをご紹介します。

続きを読む