女性専用の安い医療脱毛専門クリニック | 新宿駅から徒歩2分

ビューティースキンクリニック

(2)医療脱毛とエステ脱毛を比較【医療脱毛のメリットを詳しく解説】

    • 全身脱毛
    • 脱毛全般
    • 金額
    • schedule公開日: 2019.12.24
    • restore更新日: 2020.07.03

医療脱毛とエステ脱毛のどちらがいいの?医療脱毛のメリットを解説

いざ脱毛をしようと思ったとき、医療脱毛とエステ脱毛のどちらに通えばよいのか悩みませんか?それぞれ、同じ脱毛でも特徴や効果、施術回数などが異なります。どちらを選ぶかによって、理想の脱毛ができるかが決まると行っても過言ではありません。

今回は、医療脱毛とエステ脱毛の違いや、どのような人たちにおすすめしたいのかをご紹介します。

医療脱毛とエステ脱毛の違いはなんだろう?

医療脱毛とエステ脱毛のどちらに通えば良いのか考えるとき、2つの違いを知っておくと検討しやすいです。医療脱毛とエステ脱毛は、脱毛効果から違いがあります。何も知らずにエステ脱毛を選ぶと、理想と違った結果になることもあるので注意してくださいね。

脱毛効果の違い

医療脱毛とエステ脱毛の1番の違いは、脱毛効果です。医療脱毛は長期間に及ぶ減毛効果、すなわち永久脱毛、エステ脱毛は抑毛・減毛となっています。エステ脱毛では、医療脱毛のような永久脱毛ができないのが現実です。

医療脱毛では、毛幹組織などを破壊できるレーザー脱毛を受けられます。現在、永久脱毛と厚生労働省から認められているのはレーザー脱毛となっており、エステ脱毛は認められていません。あくまでエステ脱毛の場合は、現状の毛を細くし、一定期間のみ生えにくくすることしかできないのです。

(出典元:一般社団法人日本エステティック振興協議会「美容ライト脱毛のあり方」より

一方で、レーザー脱毛は毛の成長に必要な毛乳頭・毛母細胞・バルジ領域などを毛幹組織と一緒に破壊できるため、効果の高い脱毛を確実に提供できます。

照射出力や温度の違い

医療脱毛とエステ脱毛の違いには、照射熱量も挙げられます。脱毛のレーザーや光は、メラニン色素に反応する性質があり、毛の色に反応することで毛幹組織に熱ダメージを与える仕組みです。

エステ脱毛は、様々な波長を含む光となっているのに対し、レーザーは単一の波長で構成されています。単一の波長は、複数の波長の光と比べても組織選択性が高いため、70℃近い高温を毛幹組織を中心に与えることが可能です。70℃という温度は、毛の主成分であるタンパク質を変性させることができます。つまり、70℃前後の熱を与えないと毛幹組織は破壊できないということです。

エステ脱毛の光は、組織選択性が低いので70℃まで熱を加えることができません。もし熱量を無理に加えようとすると表皮がやけどを起こしてしまいます。毛幹組織が破壊できないのは、この温度の違いが理由となっています。

施術者の違い

医療脱毛とエステ脱毛では、脱毛を行う施術者も異なります。それは、医師免許や看護師免許の有無です。医療脱毛は、クリニックのみで受けられる脱毛方法となっており、医師もしくは、医師の管理下で看護師が医療レーザーの取り扱いを許可されています。つまり、医療脱毛は医療行為となり、エステサロンでの取り扱いは医師法で禁止されている行為です。

エステサロンに勤めているスタッフは、医療資格を持っていません。美容に関する知識はあっても、医師免許がない限り医療行為を行うことは法律で禁止されています。そのため、照射出力が弱く毛幹組織などを破壊できず、一時的な減毛を促すエステ脱毛のみの取り扱いとなっているのです。

医療脱毛を選ぶのはどのような人が多いの?

脱毛方法の違いから、医療脱毛を選ぶ人もいればエステ脱毛を選ぶ人もいます。医療脱毛を選ぶのはどのような人が多いのでしょうか?代表的な、医療脱毛を選ぶ理由を3つご紹介します。

永久脱毛をしたい人

医療脱毛を選ぶ1番の理由は、永久脱毛ができるからです。先ほど説明したように、エステ脱毛の効果は抑毛、一時的な減毛に留まります。時間とお金をかけても将来、数年後には毛が生えてきてしまう可能性があるからです。

しかし、毛乳頭・毛母細胞・バルジ領域などの毛を作り出す組織を破壊できる医療脱毛であれば、より確実な脱毛効果を発揮できます。厚生労働省から永久脱毛と認められているのは、医療レーザー脱毛と医療針脱毛のみです。長期間にわたる脱毛効果を得たいなら、医療脱毛を選びましょう。

短期間で脱毛を終わらせたい人

脱毛は、1回の施術では終わらせることはできません。【毛周期】と呼ばれる毛の成長サイクルに合わせて、2カ月に1回ペース程度で定期的にお手入れを行います。1度のお手入れで脱毛効果を発揮できるのは、全体の10〜15%くらいとなり、個人差がありますが5回の照射が効果判定の一つの基準になります。

ただし、この脱毛効果が発揮できるのは医療脱毛のみとなりエステ脱毛は照射出力が弱いため、通常でも15回以上の照射回数が必要となっています。通う期間に置き換えると、医療脱毛は8ヶ月~1年間程度、エステ脱毛は2~3年程度が多いです。そのため、短期間で脱毛を終わらせたい場合は、医療脱毛のほうが正しい選択と言えます。

医療従事者による安全な施術を希望する人

脱毛とはいえ、大切な御自身のお肌なので安全性は気になるところです。

医療脱毛は、医療資格所有者しか施術を行えません。脱毛による肌トラブルが出た場合など、治療が受けられるのも大切です。

また、エステ脱毛で施術を断られてしまった人も医療脱毛なら問題なく施術ができるケースも珍しくありません。エステ脱毛は、医師免許のないスタッフが行うため、少しの肌トラブルでも照射を避けなければなりません。一方で、医療脱毛であれば医師の診察の上で施術を受けることが可能な場合も多いです。

施術に対する不安があるなら、専門の医師の管理下で施術できる医療脱毛を検討しましょう。

エステ脱毛を選ぶ人はどのような人が多いの?

もちろん、エステ脱毛を選ぶ人にも理由があります。医療脱毛ではなく、エステ脱毛を希望するのはどのような人が多いのか見てみましょう。

痛みの少ない脱毛をしたい人

エステ脱毛は、医療脱毛よりも照射出力が弱いため痛みが少ない脱毛が受けられます。エステ脱毛を選ぶ人の多くは、痛みが苦手な人たちです。脱毛は、メラニン色素に反応する光によって毛幹組織にダメージを与えるため、毛の濃い部位や色素沈着を起こしている部位は痛みが強くなります。

しかし、エステ脱毛ではこのような部位でも痛みはそこまで感じません。痛みを堪えてまで永久脱毛をしたくはないなら、エステ脱毛が良いでしょう。

脱毛料金を抑えたい人

エステ脱毛は、医療脱毛に比べると料金が安く設定されているところが多いです。例えば、トライアルで500円なんて広告も多く見られます。エステ脱毛による顔・VIO含めた全身脱毛は12回コースだと20~35万円程度の設定となっています。なかには、習い事の月謝のように毎月定額を支払うエステサロンもあるので、学生やローンを組みたくない人などから 人気です。

一方で、医療脱毛は顔・VIO含めた全身脱毛コースだと30万~35万円程度が相場となっています。顔とVIOはエステ脱毛で行う人もいるため、この2つを省いたコースだと20万程度で行えるところも多いです。

施術期間が長くなって最終的にはエステ脱毛のほうが高額になってしまうケースもありますが、リーズナブルな金額で脱毛を開始したい人はエステ脱毛を選ぶのも良いでしょう。

肌が弱い人

敏感肌など、肌が弱い人もエステ脱毛を選ぶ傾向にあります。照射出力が弱いため、肌に負担を少なく脱毛が行えるからです。すなわち、脱毛効果も低くなってしまうリスクもあります。それでも、脱毛が全く初めての人の最初のトライアルとしてはいい選択肢になるかもしれません。

ただ、前述の通り、少々の肌トラブルでもあると照射を避けられてしまいます。アトピー・乾燥肌、湿疹、かさぶたなどの症状があるとエステ脱毛は行えません。アトピーに関しては、専門の医師に判断してもらうことが良いでしょう。

エステ脱毛から医療脱毛に乗り換える人がいるって本当?

【エステ脱毛を選ぶ人はどのような人が多いの?】でお伝えしたような希望から、エステ脱毛を選んだはずなのに、後から医療脱毛に乗り換える人は少なくありません。それは一体なぜなのでしょうか?大きな4つの理由を見てみましょう。

毛が減らない

1番の理由は、毛が減らないことです。エステ脱毛は、照射出力が弱いため思うように毛が減らないときがあります。エステ脱毛の場合、大体4回目以降から脱毛効果を実感できることが多いですが、4回目以降のお手入れを続けても「そんなに変わらない」という人も少なくありません。

特に、背中やうなじ、上腕などの産毛は、エステ脱毛で効果を実感できるまで長期間必要な人も多いです。毛をなくしたいから脱毛に通っているのにも関わらず、毛が減らないのは悲しいだけでなくお金ももったいないです。また、肌質に合わない光を頻回に照射することで硬毛化を促してしまうケースも少なくありません。 

予約が取れない

大手のエステ脱毛は、予約が取れないことでも有名です。2カ月ごとに予約を入れたくても、すでに全て埋まっていることも珍しくありません。また、生理や体調不良などでキャンセルした場合、その次の予約が数カ月先まで空いていないことも多いです。

脱毛をスムーズに終わらせるには、定期的に照射をしなければなりません。予約が取れないと脱毛は進まず、結局ムダ毛の自己処理を繰り返す日々を送ることになるでしょう。

医療脱毛は、一部の大手クリニックを除けばサロン脱毛に比べて予約が取りやすくなっています。ただ、施術室数が少ない、営業時間が短いなど、極端に金額が安いなどで予約が埋まってしまうクリニックもあるので注意してくださいね。

完了時期が分からない

エステ脱毛は、医療脱毛のように完了時期がはっきりしていないことがほとんどです。医療脱毛の場合、多くのクリニックで5回完了コースのプランが用意されています。

個人差はありますが、医療脱毛では5回で満足できる方も多くいらっしゃいます。

しかし、エステ脱毛の場合は15回以上かかることがほとんどで、20回以上かかったという方も少なくありません。このように明確な完了時期が分からないため、ダラダラと通い続けるケースが多いです。

こんな状況を変えたいと考える人たちは、医療脱毛に乗り換え短期間にリーズナブルに脱毛を終わらせることもあります。

費用は医療脱毛とあまり変わらないことも多い

乗り換え時に心配になってくる費用ですが、意外とエステ脱毛と変わらないことも多いです。都心部ではVIO脱毛は医療脱毛とエステ脱毛でほとんど同額のケースも多いです。VIOと顔を含むコースだと、医療脱毛の方が高くなりがちです。しかし、首都圏では競争が激しいため医療脱毛でもかなりリーズナブルな設定のクリニックもあります。

少し前に比べると、医療脱毛の相場は下がりつつあるので乗り換えしやすいです。

後悔のない脱毛をしたいなら医療脱毛を選ぼう

エステ脱毛のような、終わりの見えない脱毛を長期間通うストレスは大きいもの。ゴールが見えないと不安にもありますよね。安いとはいっても、エステ脱毛も総額では高くなります。100万円以上は払ったという話もよく聞きます。

せっかくなら、確実に効果の出る医療脱毛を選んでみませんか?

医師や看護師による施術は、エステ脱毛の比べても安心感があります。痛みがあっても、医療機関なので局所麻酔も利用できます。

エステ脱毛から医療脱毛に乗り換えると実感できるのが、脱毛効果の高さです。何度も通って照射してもあまり減らなかった毛が、医療脱毛1回のお手入れで目に見えて減ったときの感動を体験してみてくださいね。

医療脱毛の料金設定だと通えないと考えているなら、1度ビューティースキンクリニックにお越しください。医師が運営するクリニックだからこそできた、エステ脱毛並みの料金プランをご用意しています。良心価格で、高品質の脱毛を開始しましょう。

関連するメニュー

この記事の監修医師

こちらの記事もオススメです

脱毛エステの「IPL脱毛・SSC脱毛」を医療レーザーと比較

脱毛エステの「IPL脱毛・SSC脱毛」を医療レーザーと比較

  • 林先生の脱毛本気トーク
  • 脱毛全般
  • schedule公開日: 2016.03.10
  • restore更新日: 2020.07.03

脱毛サロンやエステで行われている脱毛は、「フラッシュ脱毛(光脱毛)」と呼ばれています。おおまかに分けて「IPL脱毛」と「SSC脱毛」があり、IPL脱毛もSSC脱毛も、ジェルをつけてから光を当てるという施術スタイルは同じです。では一体何が違うのでしょうか…?

続きを読む