VIO脱毛は“すそわきが”にも効果的なのか?“乳が”には乳輪脱毛?

体の臭いの中でも強烈な「わきが」は、脇の医療脱毛をすることによって、その臭いをある程度は軽減できると考えられます。

詳しくは『脱毛でわきが改善効果?それとも脇汗が増えて臭くなる?』をご覧ください。

 

このわきがと似たきつい臭いが発生しやすいのが、VIO周辺の「すそわきが」や乳輪の「乳が」です。悩んでいる女性は多いと思いますが、これらの臭いもムダ毛を医療脱毛すれば軽減できる可能性があります。

すそわきがと乳がの原因は?

汗腺には、さらさらとして水っぽい通常の汗を出す「エクリン腺」と、わきがやすそわきが、乳がの匂いの元となる汗を出す「アポクリン腺」の2つがあります。どちらも全身に分布しているのですが、アポクリン腺はとくに脇・陰部・乳輪の周辺に集中していて、油っぽい汗を出します。それが雑菌で分解されたときに、あのイヤな臭いがするのです。

 

つまり「わきが」「すそわきが」「乳が」の発生元は同じで、アポクリン腺から出る汗が原因です。このアポクリン腺には毛穴とつながっているという特徴があるため、ムダ毛を永久脱毛して毛根組織を破壊すると、ついでにアポクリン腺にもダメージを与えることができると考えられます。つまり、医療脱毛をすれば「匂いの元を弱らせる効果」も期待できるというわけです。

 

しかし、医療脱毛の目的はあくまでムダ毛をなくすことであって、アポクリン腺の機能を低下させることではないため、わきが対策として脱毛がベストだとは言いきれません。実際に、脱毛した後も脇の臭いには変化が無かった、わきがが治らなかったという人もいます。わきがやすそわきがを確実に治したいのであれば、アポクリン腺を取り去る切開施術のような、わきが専門治療が必要となります。

 

 

すそわきがはVIO脱毛で治る?

 

「すそわきが」は場所が場所なだけに、臭いが強くなってしまう傾向があります。もともと、デリケートゾーン周辺にアポクリン線が集中していることに加えて、比較的太くて長いアンダーヘアで覆われているため、汗と体温で蒸れた皮膚に雑菌が増えてしまいやすいのです。そして下着を常に身につけていることもあって、湿気が籠りやすいことも、臭いが強く感じられてしまう原因になっています。

 

ムダ毛を自分で処理すると、表皮が傷ついたり、そこからバイ菌が入ったりすることがありますが、肌はそうしたダメージを受けると自然の治癒力を働かせて、傷や炎症を治そうとします。その過程で、皮膚の毛穴が塞がってしまうことがあるのです。引っかき傷などが治るときに、かさぶたができることをイメージするとわかりやすいでしょう。

 

一方で、すそわきがはVIO脱毛で毛量を少なくしたり完全になくしたりすれば、格段に蒸れにくくなって臭いが改善される可能性が高いです。すそわきがに悩んでいるなら、まずはVIO脱毛で毛量を減らすことからチャレンジしてみるとよいでしょう。

 

 

ちちがは乳輪周辺の脱毛で解消!

乳輪付近からわきがに似た臭いが漂ってしまう「乳が」の原因も、すそわきがと同じくアポクリン腺から出る汗にあります。乳輪の毛の本数は少なくても、太い毛や毛の生えていない毛穴にもアポクリン腺があるため、わきがほどではないにしろ、独特の臭いがする場合があります。

 

それに、胸部は皮脂線からの分泌物も多いので、脂っぽい成分が酸化した臭いなどとあいまって、無視できないほどの臭いに感じられることもあるでしょう。

 

そんな乳がで悩んでいる場合も、乳輪とその周辺のムダ毛を永久脱毛すればアポクリン腺にダメージを与えることができるので、臭いを改善する効果があると考えられます。

 

 

VIO脱毛や乳輪脱毛をするときの注意点

クリニックで提供している医療脱毛には、主にレーザー脱毛とニードル(電子針)脱毛の2種がありますが、とくにVIOや乳輪周辺には色素(メラニン)が沈着しているため、一般的な医療レーザー脱毛の機械では脱毛が難しいことがあります。

 

すそわきがや乳がが気になっている人は、色素の濃い部位に対応できる機械が置いてあるクリニックを探してみましょう。具体的には、メラニンの有無に左右されない脱毛機械(ヤグレーザーを搭載したジェントルマックスプロ)のあるクリニックがおすすめです。

 

なお、レーザー脱毛とニードル脱毛を比較すると、すそわきがや乳がを改善する効果はニードル脱毛のほうが高いです。なぜなら、ニードル脱毛のメカニズムは電気凝固術と言って、「メスで切らないわきが治療法」の一つとして用いられているからです。

 

それは、ニードル(針)を毛穴に針を挿入して高周波の電流を流すことで、毛根とつながっている皮脂腺やアポクリン腺まで熱凝固させて組織を破壊する方法であり、わきが・すそわきが・乳がを間違いなく改善させることができます。

 

ただし、脱毛の施術をするときにニードルはより強い痛みを伴うため、クリームなどの麻酔薬は必須になるかもしれません。麻酔を処方してもらえるかどうかも、クリニックに確認しておくと安心です。

 

 

すそわきが・ちちがはお手入れでも匂い対策できる

このように、脱毛するとすそわきがやちちがはある程度改善される可能性がありますが、臭い対策として完全な方法ではありません。匂いは誰にでもあるものなので、自分でできる日頃のケアも、エチケットとして怠らないようにしたいものですね。

 

普段から匂いが気になる部分の汚れをきちんと洗浄して、清潔にしておくことが大事です。汗をかいたらこまめにふき取ることも有効で、外出中も除菌効果のあるシートを携帯して、臭う箇所をときどき拭うと良いです。ショーツやブラは通気性の良い素材を選んで、洗濯もしっかりと行い、汗や体温が籠らないようにしましょう。

 

どれも目新しい方法ではありませんが、こうした基本的な対策で汚れ・湿度・温度のレベルを低く抑えることが重要で、雑菌の繁殖や臭いの発生を抑えるには効果的です。

 

それは、ニードル(針)を毛穴に針を挿入して高周波の電流を流すことで、毛根とつながっている皮脂腺やアポクリン腺まで熱凝固させて組織を破壊する方法であり、わきが・すそわきが・乳がを間違いなく改善させることができます。

 

最近は消臭アイテムも増えており、わきが用の石鹸やクリームも豊富な種類から選びやすくなっています。乳がに対しては、皮脂対策も同時に行うと良いかもしれません。市販のものを上手に併用すれば匂いが気にならない生活を送ることは十分可能ですので、早速できるところから準備を始めてみてください。

 

 

まとめ

すそわきがもちちがも、臭いが発生する元になっているのは、アポクリン腺から出る汗です。そのアポクリン腺の働きを、医療脱毛のついでに弱めることができるのなら一石二鳥です。

 

すそわきがは、VIO脱毛で毛量を減らすことでより改善されやすくなりますし、乳輪脱毛に適したニードル脱毛なら確実な臭い低減効果も期待できます。医療脱毛の目的はあくまでも脱毛で、強い臭いに悩まされている場合は専用の治療が必要ですが、ムダ毛も臭いも気になっているという人は、医療脱毛も試してみることをおすすめします。

 

 

無料カウンセリングのお申込 無料カウンセリングのお申込

無理な勧誘などは一切いたしません。
あなたのお悩みを何でもお聞かせください。

税についての特記がない価格は全て
税抜き表記となります