脱毛スプレーは本当に脱毛できるのか

脱毛スプレー?

 

脱毛スプレーの仕組みはパーマと同じ

清潔感や衛生面からムダ毛の処理は多くの世代に広がり、また最近では男女関係なく興味を持っている分野です。多くの方がまず自己処理を試みます。その中で家庭用脱毛器やエステティックサロンに通う方法について、以前記事を書かせていただきました。今回はそれよりも「手軽で、簡単」という触れ込みで一部において人気の「脱毛スプレー」について紹介したいと思います。

 

均一に伸ばす手間を省いたのが脱毛スプレー

まず、脱毛スプレーと言われている商品と脱毛クリームと呼ばれる商品とがあると思いますが、これらは肌への塗布方法が違うだけで同じ仕組みで作用しているものになります。脱毛クリームではチューブなどの容器に入ったクリームをヘラなどで、ムダ毛を処理したい場所に均一に塗布します。実際にやってみると、この均一に伸ばすというのが手間であることからスプレー式のものが売り出されるようになりました。

 

基本的にはスプレーであってもクリームであっても、肌の上に薬剤を塗布し、一定時間置き、薬剤を落とすと一緒に毛が抜けるというのが脱毛までの流れです。様々な商品の口コミを見ていると、それまでカミソリや電気シェーバーで処理をしていた人はあっという間に広い面積のムダ毛が処理できる、その簡易さに驚くようです。

 

ではなぜ、どうして薬剤を塗布しただけで毛が抜けるのか

まずここで注意すべきなのは、脱毛スプレーや脱毛クリームと呼ばれている商品が実際にしているのは「脱毛」ではなく「除毛」である、ということです。

 

つまり毛が抜けているのではなく、毛を取り除いているだけなのです。当然、抜けるわけではないので毛は再び成長し生えてくることになります。脱毛スプレーを使えば、それ以降ムダ毛処理をしなくて済むと思っている方がいたら、そのような結果にはならないのでご注意ください。その上でスプレーやクリームに含まれる薬剤が、なぜ毛を取り除くことができるのかを説明していきます。

 

主成分は「チオグリコール酸カルシウム」

脱毛スプレーや脱毛クリームに含まれている主な成分は「チオグリコール酸カルシウム」と呼ばれます。この物質はシスチン結合と呼ばれる結合を切断する働きを持っています。

 

シスチン結合とは何か。

それを説明する前にまず毛がどのような物質でできているかを説明する必要があるでしょう。

 

毛を火などで焦がしてしまった経験がある方、またそのような場に立ち会ったことがある方もいるでしょう。毛が焦げると、温泉地でかぐような硫黄の匂いがするのです。これは毛の99%が、硫黄を含むタンパク質であるケラチンで構成されているからです。ケラチンは毛だけでなく、爪や皮膚の角質層を構成するもので、18種類のアミノ酸が結合してできています。ですが毛と爪や皮膚ではアミノ酸の組成(割合)に違いがあります。この違いが大切です。毛を構成するケラチンで最も大きな割合を占めているのは、シスチンと呼ばれるアミノ酸です。

 

それに対し、爪や皮膚ではシスチンよりもセリンやグルタミン酸と呼ばれるアミノ酸がより多くの割りを占めています。このように、毛を構成するメインの物質がケラチンであり、またシスチンなのです。ですから、脱毛スプレーや脱毛クリームではチオグリコール酸カルシウムを主成分として、シスチン結合を切断していくのです。

 

結合が切断=毛の状態を保てなくする

結合を切断されれば毛は、毛の状態を保つことができなくなります。また、同じたんぱく質でも皮膚や爪といった箇所へのダメージを抑えることもできます。もちろん、ケラチンもたんぱく質なので、ケラチンを最も効果的に切断(溶か)してしまいたいのならば、たんぱく質分解酵素を使うのがよいでしょう。

 

しかし、ここでたんぱく質分解酵素を主成分とした薬剤にしてしまうと、ムダ毛だけでなく皮膚も溶かしてしまうことになり美肌どころではなくなってしまいます。そのようなリスクを考え、脱毛スプレーや脱毛クリームではチオグリコール酸カルシウムを主成分としています。さて、実際に脱毛スプレーを使うと、毛が焦げたときのような異臭がします。これはチオグリコール酸カルシウムがシスチン結合を切断する際、シスチン残基を生成し、一部分が硫化水素となるためです。硫化水素といえば、先ほども書いた通り、硫黄泉のそばで漂う、学校では「玉子の腐ったようなにおい」と教わる、あの匂いがします。

 

さて、これと同じ原理が使われているのが、女性にはお馴染みのパーマです。パーマをするとなぜ髪がウェーブするのか。それは除毛剤と同じチオグリコール酸が使われ、シスチン結合を切断し、ウェーブをかけた状態で再び結合するからです。このことから、パーマのしすぎは健康上もよくないと指摘されることがあります。現在のところ、大きな健康被害は報告されていませんが、脱毛スプレーやクリームを長期間続けることで皮膚や健康に何らかのトラブルが生じる可能性も否定はできません。

 

医療脱毛は「脱毛できる」

医療脱毛は「脱毛」

先ほど脱毛スプレーの説明で、脱毛スプレーの効果は脱毛ではなく「除毛」が正解と書きました。脱毛スプレーではあくまでも皮膚から見えている毛を取り除くことを目的としており、その後に毛が生えなくなるものではないのです。

 

それとは違い、医療脱毛ではレーザーや絶縁針を用いて、毛を生み出す毛母細胞(毛乳頭)を破壊してしまうため、2度とそこからは毛が生えなくなるのです。草刈をイメージするとわかりやすいでしょう。

 

除草剤が脱毛スプレー、重機が医療脱毛

あなたとお隣さんお互いに、庭一面に生えた草をどうにかしたいと思ったとします。手で抜くには時間がかかるため、あなたは除草剤を使って庭をスッキリしようと決めました。除草剤を草に散布するとしばらくの時間をおいて草は枯れていきました。これで庭もすっきりしたと、安心したのもつかの間、また新たな草がモサモサと生えてきてしまいました。

 

これに対してお隣さんは、重機などを使い草が生えている土壌を掘り起こし、草を根から取り除く方法を選びました。除草剤よりも料金はかかりましたが、それから庭には草が生えてこないようになりました。みなさんもよく知っているように草は根から取り除かねば、また新たに芽をだしてしまうのです。ここでいう除草剤が脱毛スプレー、重機が医療脱毛です。

 

毛もまた、毛を生み出す組織から対策しなければ新たな毛が生えてきてしまうのです。

ムダ毛処理の煩わしさから解放されたいと思うのならば、医療脱毛を強くおすすめします。

 

 

金銭面、時間的側面から考えれば医療脱毛がベスト

医療脱毛がベスト

ムダ毛の自己処理を続けている方に、なぜ医療脱毛をしないのかと尋ねると、「金銭的に」や「時間的に」という言葉をよく言います。

 

医療脱毛はお金も時間もかかる、のか??

確かに脱毛スプレー1本を買うお金よりも、医療脱毛をするお金の方が金銭的に大きいでしょう。脱毛スプレーで腕のムダ毛を処理しようと思えば、思い立ったその日に表面上はつるつるにすることができます。

医療脱毛の場合だとまず予約をとって、予約日にクリニックに行って……と時間がかかります。一見すると、お金も時間もかかるように思えます。

 

脱毛スプレーは、2週間に1度は買って処理する必要がある

しかし、脱毛スプレーはムダ毛を処理したいと思っている間、毛が伸びるたびにスプレーを買い、塗布し、洗い流すという処理をし続けなければならないのです。どれくらいの間でしょうか。長い人では死ぬまで、ということになります。

 

しかも脱毛スプレー1本では全身のムダ毛の処理は不可能です。腕、脚、ワキ、背中など広範囲の処理をしたければ、1回で数本のスプレーを使うことになるでしょう。毛が伸びるペースから2週間に一度は処理をしなければならいでしょう。そうすると1ヶ月に2回はそこそこの時間をかけて、ムダ毛処理を行うことになります。おそらく1時間はかかるでしょう。脱毛スプレーの価格もピンからキリまでありますが、約1,800円と考えても月に7,000円は必要となってきます。

 

医療脱毛なら2ヶ月に1度の照射

次に医療脱毛ですが、全身脱毛の場合でも1回で1時間から2時間あればできてしまいます。料金についてはクリニックごとに違いますが、一括払い以外に月々払いができるところも数多くあります。またクリニックに通う頻度はおよそ2ヶ月に1度程度です。ビューティースキンクリニックではおよそ5回程度でムダ毛が気にならなくなってくる方が多いので、脱毛にかかる期間は8ヶ月程度です。

 

ここまで言うとはじめとは違ったものが見えているのではないでしょうか。本当に「金銭的に」「時間的に」節約できるのは、脱毛スプレーと医療脱毛どちらでしょうか。

 

 

それでも医療脱毛は高いと思われている方へ

医療脱毛が高いと思われている方へ

金銭的にも医療脱毛は安いんだとお伝えしましたが、クリニックで全身脱毛を受けようと思えば相場は50万円ほどします。

この金額を知ると、やっぱり医療脱毛は高い!と思われる方が多いのです。実際、私も高いと思います。

 

この脱毛の金額は何によって決まるかご存知ですか?それは各医療機関の決定です。つまり、法律的に、業界的に値段が決まっているわけではないのです。それも医療脱毛が自由診療と呼ばれる、保険適用外の治療にあたるからです。自由診療では医療機関が価格を決めていいことになっています。つまり医療機関側がクリニックの経営上必要と思われる金額で設定されているのです。ですから、多くのクリニックでは全身脱毛では一人当たり50万円が妥当と考えていることになります。

 

ビューティースキンクリニックは、医療脱毛をエステ並みの価格でご提供しています

私もレーザー脱毛ができる機器を購入した手前、医療脱毛で使う機器は高額なので、その値段設定には一理あると思います。

しかしながら、その価格では本当に脱毛したい人が全員脱毛を受けることができるのかと疑問に思います。私は長年、頭髪、体毛に対して深く知りたいと考え、また悩んでいる人を助けたいと思ってきました。だからこそ、ムダ毛に悩む人にできるだけ脱毛を受ける機会を作りたいと考えています。

 

そこで私の経営するビューティースキンクリニックでは、エステティックサロン並みの価格で医療脱毛を提供しています。この価格に不安、疑問を持たれる方もいらっしゃいます。しかし、その不安や疑問も、一度当院にお越しいただき、カウンセリング時に説明させていただくと自然と解消されていくように思えます。脱毛をしたい、その気持ちをビューティースキンクリニックは応援します。脱毛に興味のある方は一度当院の無料カウンセリングにお越しください。

 

 

無料カウンセリングのお申込 無料カウンセリングのお申込

無理な勧誘などは一切いたしません。
あなたのお悩みを何でもお聞かせください。

税についての特記がない価格は全て
税抜き表記となります