ニキビの種類

ニキビには、進行のレベルによって変化してきます。
ここでは、ニキビの進行レベルと合わせてニキビの種類を解説します。

進行レベル1白ニキビ

【特徴】
  • ・皮脂や汚れ、老廃物が溜まり白く膨らんだ状態。
  • ・このレベルは、まだ炎症が起こる前でニキビの初期段階です。

毛穴にフタをされているため、過剰に分泌された皮脂や汚れ・老廃物が溜まり皮下で白く膨らんだ状態になっているレベルです。
このレベルでは、まだアクネ菌が炎症・感染を起こさせる前の状態のため、短期間で治療しやすく時間もさほどかかりませんし、跡に残る可能性も低いです。

進行レベル2褐色ニキビ

【特徴】
  • ・皮脂が溜まりすぎて芯のように毛穴にフタをし酸化し褐色や黒くなる状態。
  • ・このレベルでも、炎症はまだ起こる前の状態。

ニキビの初期段階から少し進行した状態です。
過剰に分泌された皮脂や汚れ・老廃物が溜まり白く膨らんだ部分が空気に触れ酸化し褐色や黒くなる状態です。
ただ、この状態でもまだアクネ菌が炎症を起こしていないので、治療しやすく、跡に残る可能性も低いです。

進行レベル3赤ニキビ

【特徴】
  • ・褐色ニキビの状態からアクネ菌が炎症を起こし始めた状態。
  • ・炎症の初期段階なのでまだ治療しやすい。

この進行レベルでいわゆる「ニキビ」といえます。
皮脂が酸化し毛穴にフタをしている状態が長くなり、炎症を起こすほどアクネ菌が増殖しています。炎症が起こっているため、皮膚の表面は赤くなっているので「赤ニキビ」といわれます。この段階でも、炎症の初期段階のニキビですので、重度なニキビになる前に治療を始めることをオススメします。

進行レベル4化膿ニキビ

【特徴】
  • ・重度のニキビといえるレベルまで炎症が起きています。
  • ・膿を持っている状態で痛みも伴い、更に炎症が広がっていきます。

炎症が進みすぎると、大量にアクネ菌が発生しているため体内の防衛機能である白血球がアクネ菌を退治するために出動します。膿は、この白血球の残骸が皮膚内で貯留している状態です。
膿を皮膚外へ出そうとしても毛穴にフタがある状態のため、排出できずに、更に炎症を悪化させることになります。
この状態まで悪化すると、治療後も跡になる可能性があります。

進行レベル5紫ニキビ

【特徴】
  • ・重度としては最高レベルのニキビで膿だけではなく出血も混ざっている状態。
  • ・治療後も跡に残る可能性が高い。

ニキビの最終段階です。
炎症が進行することで、膿だけではなく出血も混ざってしまっていて皮膚表面からは紫色に見えている状態です。
この状態の場合、炎症は毛穴だけにとどまらず毛穴の周辺の皮膚にも炎症が拡がっているのでニキビを治療したとしても、赤色や茶色といった色素沈着や皮膚の深い層まで傷ついていることによってクレーターになってしまうことがあります。

番外編ニキビ跡(色素沈着、クレーター)

【特徴】
  • ・治療後で炎症は無い状態。
  • ・ただ、症状が重く治療後に赤みや茶色い色素沈着、凹み(クレーター)が残る状態。

化膿ニキビ、紫ニキビが治癒した後に皮膚や毛穴へのダメージが大きく、赤みや茶色い色素沈着を起こします。皮膚の深い層にダメージが及ぶと癒着して皮膚が凹んで再生します。いわゆるクレーターの状態です。

ニキビの治療は、進行レベル1の白ニキビの段階が最も治療に適しており、治療期間も短くニキビ跡にもなりにくいです。進行レベル1の白ニキビの段階で診察・治療を開始されることをオススメします。


BEAUTY SKIN CLING

まずは無料カウンセリング(予約制)へお越しください。

  • 0120-755-884
  • 診療時間 11:00~20:00
    年中無休

無理な勧誘などは一切いたしません。
あなたのお悩みを何でもお聞かせください。