医療脱毛でも照射漏れは少なからずある。大事なのは再照射の対応

脱毛をしていると気になるのが照射漏れ。肌のある一部分だけ、フラッシュ脱毛の光やレーザー脱毛の光が当たっていなかった、という状態です。
部分的にムダ毛が残ってしまうのは、みっともないですし避けたいものです。

 

しかし、どんなにスキルが高い施術者でもレーザーの打ち漏れ・照射漏れは少なからずあります。エステ脱毛も医療脱毛も、照射漏れが全くないというのはあり得ません。

 

大事なのは、照射漏れがあったときに、再照射を快く行ってくれるかどうかです。クリニックやエステサロンの中には渋って中々やってくれないところがあります。

 

今回は照射漏れか否かの判断の方法と、再照射のお願いの仕方についてお話します。

 

レーザー脱毛で照射した毛が抜けるのはいつ?

医療脱毛の場合、レーザーを照射した毛がポロポロと抜け落ちてくるのは、1週間から2週間くらい経過してからです。ですから、クリニックで照射した当日や次の日に照射漏れに気づくということは、ほとんどありません。脱毛の施術を受けてから2週間は、そのまま様子を見てください。

 

なぜ、毛が抜け落ちるまでにそんなに時間がかかるのかというと、一本の毛の成長に関わる要素はいくつかあるからです。レーザーを照射した時点で「毛を作りなさい」という指令はストップするけれど、根っこの毛乳頭には毛を作るための組織がすでに蓄えてあるため、しばらくは毛が成長し続けるのです。でもやがて毛の成長は止まり、ゆっくりと表皮のほうに押し出されて抜け落ちます。それがだいたい1〜2週間目、遅くて3週間目くらいになるというわけです。

 

ちなみに太くて濃い毛の場合は、メラニン色素が豊富に含まれていてレーザーの熱がしっかりと反応するので、照射後すぐに毛穴から飛び出てきて(ポップアップ現象)、抜け落ちることもあります。

 

基本的には、照射から約2週間後に、照射漏れがあったかどうか判断できる状態になると考えてください。

 

照射漏れの見分け方ですが、他の部位と比較して「そこだけ部分的に毛が抜け出てこない」のであれば、照射漏れの疑いがあります。ただし「部分的に」というのは、毛が1本2本のレベルではなく、もう少し広い範囲です。例えるなら円形脱毛症の逆パターンのような感じで(丸い形に残るとは限りませんが)、ある程度まとまった範囲の毛が抜けないため、照射漏れであれば徐々に目立ってくるはずです。

 

 

なぜ、照射漏れは起きてしまうの?

レーザー脱毛機械のうち、照射口は施術担当者が手に持てる位の大きさをしています。そのサイズはマシンによって違い、1.5cm〜5cm角位ですが、脱毛部位によって、レーザーの照射範囲をもっと狭めるなどの細かな調節もしています。

 

照射口の外形と実際の照射範囲にはズレがあるため、照射間隔が開いてしまったり、照射口が肌に対して垂直に当たっていなかったりすると、照射漏れが発生することがあります。人が手作業で照射を行う以上、照射漏れは起こり得ることなのです。

 

施術担当者は、目や手の感覚をフルに働かせながら照射口を操り、打ち漏れに注意しながら照射を行っています。しかし熟練の担当者でも、しっかりと照射できたのか、照射漏れしたのかどうかは判断が難しいケースもあります。ですから、お客様から再照射のお願いがあった場合は、きちんと対応するのが筋でしょう。

 

ところが、再照射を渋るクリニックやサロンがあるのも事実です。あらかじめ照射漏れへの対応ポリシーについて質問をしたり、WEBサイトに書いてある内容を調べたりしておくと良いですね。

 

 

脱毛で照射漏れが多い部位はVIO。その本当の理由は?

医療脱毛で照射漏れが多いのは、凹凸があって照射口を当てづらい膝小僧などの部位とVIOです。とくに、VIOは照射漏れが多いです。

 

膝小僧などの関節の周りは、ゴツゴツしていて、照射口を当てにくそうなことがなんとなく想像できるのではないでしょうか。

 

VIOも山あり谷ありで皮膚が平らなところが少ないです。そのため皮膚を少しずつ伸ばして平らな部分を作りながらレーザーを照射するため、皮膚を伸ばす分、どうしても照射した箇所の見当がズレやすいのです。これが、照射漏れの多い本当の理由です。

 

なかには「しっかりと照射しているにも関わらず、VIOは毛根が強いので抜けないケースもあります」という言い訳をするエステやクリニックがありますが、これはむしろ反対です。前にも書きましたように、毛根が太い=レーザーをしっかりと吸収するので、脱毛効果はちゃんと出るはずです。

 

また、「照射パワーが弱かったから、全体的に毛が抜けなかった」というのは照射漏れ以前の問題です。これはサロンのフラッシュ脱毛(光脱毛)にありがちなケースで、もともと導入している機械の照射パワーに限界があるため、十分な脱毛効果が得られていないのです。サロンは医療機関ではないため、医療脱毛のように効果の高いマシンは使うことができません。かといって、光脱毛の機械で照射パワーを強くして、確実な脱毛効果を得ようとするのは医師法違反にあたりますので、それもできません。

 

照射漏れについてはいろいろな書き方がされていますが、正しくは「人が行う限り、照射漏れは少なからずあることが前提。だから照射漏れには対応するべき」ということです。

 

 

照射漏れだと思ったらクリニックに電話で相談

医療脱毛を受けてから2週間ほど経って、「照射漏れかも?」と思う部位が出てきたら、早めにクリニックに電話をしましょう。良心的なクリニックであればすぐに再照射の対応をしてくれます。
4週間以上経ってしまうと、以前照射したときはまだ成長期ではなくレーザーが反応しなかった毛が新しく生え始めてきますので、照射漏れの判断とクリニックへの相談は、その前に行うとスムーズです。

 

そして一点、守って頂きたいことがあります。照射漏れが疑われる毛は、剃ったり抜いたり自己処理をしないで、毛が生えた状態をキープしておいてください。スマートフォンなどで撮影して記録を残すのは良いのですが、実際の毛も、必ず残してください。自分でムダ毛を処理してしまうと、再照射の対応ができなくなる場合があります。

 

クリニックによっては再照射保障という制度があり、「●●日以内のみ再照射可能」などと決められています。その条件を満たしていないと再照射を受け付けてくれないため、事前にしっかりと確認しましょう。

 

 

まとめ

照射漏れかどうか確信が持てないのに、クリニックに電話するのは気がひける、と思われる方もいるかもしれませんが、気後れすることはありません。医療脱毛でも照射漏れの可能性はありますし、照射漏れを自分だけで判定するのは難しいものです。だからこそ、疑いが出てきた時点で、早めにクリニックに相談してください。

 

これからクリニックを選ぶ場合は、条件のなかに「照射漏れにも快く対応してくれること」という項目も加えてみてはいかがでしょうか。照射漏れもその他の不安に関しても、脱毛の最中に何か困ったことがあったときに、気軽に相談できるクリニックなら安心です。

 

 

無料カウンセリングのお申込 無料カウンセリングのお申込

無理な勧誘などは一切いたしません。
あなたのお悩みを何でもお聞かせください。

税についての特記がない価格は全て
税抜き表記となります